PR

 この不況だけに、手数料は少しでも安くしたいし、できれば払いたくないというのはどの国も同じ。ネットなら簡単にお目当ての品の最安値を検索して注文できるし、オフラインで買うよりも断然安い。日本でも通販の取引額が2008年12月過去最高を記録したというニュースがあったが、韓国では既に数年前からネット販売と量販店の立場が逆転、家電やパソコン、携帯電話など電化製品も値段の安いネットショッピングで済ませてしまうことから、量販店の閉店がどんどん続いている。今や経営が成り立つ量販店なんてあるの?というぐらいの岐路に立たされている。

 電気街として栄えていたソウルの秋葉原「龍山(ヨンサン)」も、量販店や小さいパーツショップが姿を消し、デパートやおしゃれなオフィスビルが立ち並ぶ普通の街になってしまった。駅ビルに残っている電化製品売り場も週末でさえがらんとしていて、たまに来るお客さんも、売り場で実物を見て買うのはネットというから力が抜けてしまう。

 ポイントカードを導入しても、値段を比較するとネットの方が安いので、オフラインの売り場はショールームの役割に転落してしまった。不況に雇用難で物が売れない時代になってきたこともあるが、一生懸命、商品の案内をしても、「ネットの方が安いから」、「ネットでは○○円で売っているのにここは高い」といって帰ってしまう客ばかり続くのが現状である。

 量販店では苦肉の策として、お客さんの目の前でネットの最安値を検索し、同じ値段に値下げするセールをしている。「利益幅がかなり減って店の電気代を払えないほどだけど、何も売れないよりはマシだから」という理由で、ネットとの最安値競争に乗り出している。今まで大手量販店や代理店が、近くのショップよりは安くします、という価格競争はしてきたが、ネットの最安値と同じく値下げするというのは初めてのこと。さらに、小さなお店ではクレジットカードで決済しようとすると、手数料を顧客に負担させることもあったが、それもなくなった。ネットのおかげで透明なやりとりができるようになったともいえる。