PR

 2009年2月2日に公開されたGoogle Earth 5.0 βには、3D表現された海底地図が用意されている。立体的に海底を見ることができるのだ。早い話、海が表示されているところでどんどん高度を下げて海面下に突っ込むと、そこはもう海の中。見上げると輝く海面。見回すと、海底火山を探したくなるような山脈のような光景がある。

 そう聞いたら、もう海の中にダイビングしてみるしかない。まず、Google Earth 5.0 βのサイトから本体をダウンロードする。

 Google Earthのダイビングには、垂直に一気に海底まで飛び込む方法、徐々に接近して海面に飛び込む方法、さらに陸地を遙かに見ながら斜めに飛び込む方法などがある。ここでは、垂直に一気に海底まで飛び込んでみよう。

 最初にダイビングする場所を決める。これは簡単だ、表示されている地形の上でダブルクリックすればいい。もっと海面に近づくにはまたダブルクリックする。海面にどのくらい接近したかは、画面右下の「高度」を見るとわかる(ただしフィート表示)。

ダイビング位置を決めて、ダブルクリックし、その位置に接近する
ダイビング位置を決めて、ダブルクリックし、その位置に接近する
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料