PR

 みなさん、モバイルしていますか? Windows Mobileスマートフォンは、現在、イー・モバイル、ウィルコム、NTTドコモ、ソフトバンクモバイルより発売されており、しかも各キャリアから多くの機種がリリースされています。KDDIからも、この春に法人向けではありますがWindows Mobileスマートフォンのリリースが予定されており、これで全キャリアが発売することになります。

 もちろん海外でもスマートフォンは数多く発売されています。その中には日本で販売されていない端末もありますので、そうした端末を使いたいというユーザーもいるでしょう。また、海外によく行くユーザーや、海外在住のユーザーなら、海外のスマートフォンを使いたいということもあるでしょう。そうしたスマートフォンの多くは英語版ですので、英語に堪能な方ならいざ知らず、多くのユーザーにとって障害になるのが日本語表示と入力です。Windows Mobileスマートフォンは、アップル「iPhone 3G」のように、最初からマルチランゲージ化されていないため、その国の言語しか利用できません。

 そんな英語版の端末を日本語化できるアプリケーションがリリースされています。「CE-Star for WM5/WM6(日本語化ソフト)」(4200円~)です。このソフトは、中国などで販売されている英語版の端末にバンドルされることもあるアプリケーションで、言語のローカライズでは定評のあるアプリケーションです。試用版を試してみましたのでレビューします。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料