PR

 韓国最大シェアを持つキャリアSKテレコムは毎年最も人気の高かったモバイルコンテンツを発表している。2008年はキム・ヨナ選手のモバイルHOMPY(SKテレコムの子会社Cyworldが運営するSNS)が選ばれた。1日13万4000人が訪問したほど圧倒的人気を誇り、下火だったSNS利用が、ヨナ選手を応援するために再び増えたほどである。

 トーク番組やアイスショーで披露した歌声を録音して着メロやカラリング(通話連結音の代わりになる待ち歌)で有料販売したところ、あまりにも売れすぎたため後から放送局と音楽会社の間で収益配分をめぐりトラブルが起きたほどである(それ以前にヨナ選手に許諾も取らず有料サービスしたこと自体が問題じゃない?)。今韓国で巻き起こっているキム・ヨナフィーバーは日本の想像をはるかに超えている。

 ブログや動画投稿サイトにはヨナ選手に関連する動画が投稿されている。YouTubeにはキム・ヨナ選手の演技を神秘的な雰囲気の墨絵タッチアニメにした動画が投稿され、マスコミにも大きく取り上げられた。

 試合の中継動画を載せるのは著作権違反になるが、動画の素材はそれだけではない。ヨナ選手が出演したCMの動画は自由にBlogに掲載できるよう公開されている。その動画に自分で字幕や写真を入れて愛情いっぱいの動画を投稿するのだ。

 ヨナ選手は試合ではクールでびっくりするほど色っぽい表情を見せるが、CMでは頬ずりしたくなるほど天真爛漫な天使のような素顔を見せてくれるので、そのギャップがまたたまらない。企業もブログを通じて口コミで話題になることを狙ってCM動画を公開している。CMのメイキング動画やインタビュー動画はもちろんのこと、ネットでしか見れない4~5分ほどの特別長編CMなどがあり、親近感を持たせるため、わざとアマチュアが作ったような動画をブログ向けに公開する企業もあった。

 不況で広告費を削減していた企業も、キム・ヨナ選手に対してだけは金を惜しまない。CMでは誰よりも高いのギャラをもらっている。どんなにギャラが高くてもキム・ヨナ選手がCMに出ればその製品は飛ぶように売れ、企業ブランドの好感度もぐんぐん伸びるので、CM出演依頼は後を絶たないという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料