PR

 昨年から、PC関連での大きな話題は、低価格なノート型パソコン「ネットブック」です。メディアによっては、「ミニノート」や「超小型パソコン」といった表現がなされますが、提案元のインテルを尊重して、ここでは「ネットブック」と呼ぶことにしましょう。

 ネットブックとは、簡単に定義すれば、「低価格」な「ノートパソコン」のことです。低価格とは、現時点では、だいたい5万円前後を指します。これを「ミニノート」や「超小型パソコン」「UMPC:Ultra Mobile PC」といってしまうと、サイズのみのカテゴリーのように見えてしまい、本質を見失います。ネットブックの本質は、小型であることではなく、「低価格」であることです。その結果として、液晶などが従来のノートPCよりも小さくなり、きょう体も小さくなったのです。つまり、最初から小さなパソコンを作ろうとしてこうなったのではなく、低価格なパソコンを作ったら、結果的に小さくなったということです。同じAtomプロセッサーを使うLOOX UやソニーのVAIO Type Pとネットブックは違うカテゴリーの製品なのです。これらは、小型であることを優先して開発された製品です。

 少し停滞気味であったパソコン市場で、大きくユーザーの人気を集めたことから、さまざまな記事や報道がなされました。ただ、いくつか誤解されている部分があるようです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料