PR

ラーメンの食べ方その後…

 そうそう、前回書いたラーメン(つーか、麺類全般)の食べ方だが、ダンナ曰くの追加情報が。

 前回書いたように、しっかり端っこまで食べとくと、後々ラクだ、と言うダンナ。特に塩分の加減で、汁を全部飲まないときとかに、麺をブチブチ切って食べてしまうと、麺のかけらがいっぱい汁に残ってしまって、あとですくうのが大変だし、面倒だと思って残せばそのままゴミに。だからなるべく端っこまできちっと食べとくと見た目もいいし、自分もラク、その上エコ、なのだそうだ。

 筆者もそういえば、とくにウドンは、最近しっかり端まで食べておく習慣ができてきて、最後にカケラひとつ残らない。なんかすごくキモチがよい(ただし、インスタントラーメンとかは調理時にどうしてもカケラができてしまうので、やっぱ最後にすくうことにはなる。が、以前に比べてカケラの数が激減しているのは…確かだ)。

 これを読んだ友人、「両親とか、箸の上げ下げや和食のマナーに関してはうるさいけど、麺類ってわりかしスルーだよね」。だねだね、そうだね。まあ、自分の「おかん」を見ても、やっぱ麺類はテキトーに食べてるから、それはまた親の親もそうだったってか、おやおや…(親だけに? 笑)。

コトの起こりは友人のブログから…

 で、本題に入るが、友人のブログを読んでたら、「ジャーニーの新ボーカルに、ゾッコン」みたいな記述が。へえ、ジャーニーってリードボーカルの人変わったんだ、みたいに思ったが、実は筆者、あんま「ジャーニー」ってよく知らない(笑)。

 クイーンとかキッスとか、エアロスミスとか、そういうかなり「硬派っぽい」洋楽系はけっこう子供の頃の同級生のオトコのコたちのせいで、いちおうひと通りカブれたんだけど、ロックとポップスの中間みたいな、オトコのコたちが「あれは軟派でちょっとネ…」みたいに言ってた系(実はそっちのほうが一般的には親しみやすいんだけどね)はまるきり空白地帯になってしまった筆者。「ジャーニー」って、クルマのCMに使われた曲ぐらいしか知らないよぉ。

 そのジャーニー、30年以上続いてるアメリカの老舗ロックバンドなんだが、昨年、新ボーカルを迎えたという。それがまた、すごく歌がうまくて、地元アメリカでも大評判らしい。

 しかもねぇ、驚くことが2つ。まあ、聞いてよ聞いて(笑)。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料