PR

今日は、福岡で春一番が吹き荒れているのよぉ。昨日おとといは、黄砂で、そこらじゅうまっ黄色だったしさ。今、ベランダのイスが、突風にあおられ、右端から、左端に転がったわぁ。その5秒後、強風で木製室外機カバーがばらばらになったよぉ!!
ガラスに当らなくてよかった。ドキドキ。

[画像のクリックで拡大表示]

そんな被害が拡大しているという緊張の中、
トコは、昨日の、「カツ丼」はどちらに似ているか、のことを考えているわけで。

■「カツ丼」のどちらに主眼を置くか、ってことが答えの分かれ道だと思った。

「カツ丼」の「トンカツ」が主役だと思う人は、カツサンド。
「カツ丼」の「ドンブリ」がメインだと思う人は、ごはんのあるチキンカツ弁当のほうが似ている、と判断するのよね・・・。

■ここで、考えたいのは、絶賛愛用中の「イー・モバイル・ダイアちゃん」のことよ。

■通話と、文字入力と、ネット接続と、データ通信機能と、多機能を備える。

つまり、チキンカツとトンカツと、ごはんと、玉子に、パンも売り場にあるけど、
料理の知識がなければ、カツ丼も、カツサンドも作れない。

■そんな人のために、売り場には、料理のおススメレシピがおいてあるわよね。

■こんなふうに、工夫したらいろいろできるのに、ああ、もったいないわぁ、て感じ。

■ダイアちゃんの問題点は、
『何を主役として使うか』が、打ち出されていないイメージだ。

なんでもできるのよ。

■でも、「ここがすごいっ!!」と決めて欲しいのが、消費者である。

悩みながら、見せびらかすように、使っていると
「おお、トコさん、何ですか。それ?」
「これは、イー・モバイルよ」
「ああ、イー・モバイル、データカードなら使ってますよ」
「ふむ、速いでしょ、イーモバ」
「そうなんですよねっ。実は友人が携帯もイー・モバイルに替えたんですよ。
安いんでしょ。僕も、次はイー・モバイルにしようかなぁ」
という人がいる。

KBCでも、佐藤栄作さんが(すでにトコの口車に乗りイーモバユーザーである)
すばやく見つけ、

「すごいね、トコさん、今は、エム・ワンじゃないんだ」
「そうよぉ、ダイアちゃんっていって、今度は通話もできるよ~」
「へぇ、見せてください」
と興味津々。

「あのさあ、栄作さんは、データカード使ってるじゃん。それをこのダイアちゃんに替えても、いいのよ~」
「どういうことですか?」

■「だから、データカードは、データ通信だけだけど、ダイアちゃんだと、通話、&ネット接続、そしてっ!!PCにつなげば、データカードになるのよ。すごいでしょ、ゼーゼーハーハー。便利でしょ!」

「へぇ、でも、電話をPCにつないで通信すると、ものすごく料金がかかりますよね~」「うん、トコも、昔、その失敗をやらかしたことがある。でも、この接続は、ケイタイデンワをつなげるのと違うんだよ~~~」

■イー・モバイルのエム・ワンやダイアちゃんは、PCにUSBでつなげると、データカードになるの、よ。
で、PCにつないでデータカードとして使ったからといって料金が割高になるわけではない。
(通話料をのぞけば、データカードとほとんど同じ基本料金で使えるはず)

現在、すごい勢いで伸びているイーモ・データカードのユーザーだ。

■うまく告知すれば、その人たちを、単機能のデータカードでなく、
ダイアちゃんという複合機の購入につなげることができると思うんですよね~。

先日の、イー・モバイル取材時にも、
「そうなんですよ、この便利な機能が知られてなくてーーー」
とダイアちゃん担当のイケメン広報・加藤さんも言ってましたわよ。

■この便利機能を、データカードを買おうとしているユーザーに、
店頭で一言耳打ちしたら、いいんじゃないの?
それが、ダイアちゃんの生きる道、の気がする。

デモンストレーションと、月料金の提示がキーだ、とエンドユーザーは考えましたわ。

あっ、ベランダスリッパが、飛んだ・・・・。

タントーヨシダ:
PCのモデムとして使っても、携帯でネットを使っても、
どちらでも料金体系は同じというところが特徴でしょうか。

私は前任者からEMONSTERを引き継いだのですが、
最近は、通信カードとして使う際には(機種によってはできないかもしれませんが)、
USBで接続し、USBから給電するようにしています。
こうすれば、EMONSTERの充電機を持ち歩かなくて済みます。
通信カードとして使うとPCよりも先にEMONSTERのバッテリーが先なくなるので。
外出先でPCを長時間使うような場合、あえてPCからバッテリーを外して
PC用のACアダプターを持ち歩きます。
バッテリーってACアダプターより重かったりしますから。