PR

 iPhoneはソフトマシーン。刻々と成長し、姿を変える。こんな機能があればなあ、と夢想していたら、いつの間にかその通りになっているという不思議なガジェットだ。iPhone育成企業の一つ、Googleが素敵なソリューションをリリースした。待たれていたGoogleカレンダーとiPhoneとの双方向の情報更新が実現し、またまたお役立ち度が高まった。

実現できたのはMicrosoftのおかげ

 2月9日、MicrosoftはGoogleにExchange ActiveSyncをライセンス供与したと発表した。GoogleカレンダーがWindows Mobileでも使えるようにするための取り組みが本格化したんだな、と一般には受け取られた。しかし、Googleがもくろんでいた適用分野はそれだけではなかった。

 同日、Googleは同社が提供しているカレンダー機能がiPhoneと双方向に同期できるようになった、と発表した。Googleの発表では、MicrosoftのActiveSyncを使って実現したとは一言も述べていないが、後述するようにその実体はActiveSyncそのものだ。Googleの発表はこちら(写真1)。

写真1 Googleの公式ブログでiPhoneやWidows Mobileとの同期ができるようになったと発表
写真1 Googleの公式ブログでiPhoneやWidows Mobileとの同期ができるようになったと発表
[画像のクリックで拡大表示]

 GoogleがiPhoneの利用価値を高めるためにさまざまなサービスを提供しているのは周知の通りだが、その「援護射撃」にMicrosoftが弾を供給していたとは…。いやあ、いいですねえ、便利になるのならなんでも利用してデジタルライフを彩ってほしい。