PR

 以前お伝えした、世界初のオンライン・コラボレーションによる「YouTubeシンフォニーオーケストラ」が、いよいよメンバーの最終選考を迎えている。一般投票は2009年2月22日(米国東部標準時)までなので、一票を投じたい方はお早めに。

 音楽の殿堂ニューヨークのカーネギーホールの舞台に立ちたい世界中のプレーヤーたちが、YouTubeに演奏している動画を投稿してオーディションを受けるという斬新なこの企画、どうやらここまでは順調に進んでいるようだ。なにしろオーディションを勝ち抜いたプレーヤーは、名指揮者マイケル・ティルソン・トーマスの指揮のもと、カーネギーホールでタン・ドゥン(譚盾)作曲のインターネット交響曲第1番「エロイカ」を演奏できるのだ。ニューヨークまでの旅費と滞在費はYouTubeが払ってくれる。国籍年齢アマプロ楽器すべて問わずという、きわめてオープンなコンテストだ。

 2009年1月28日に募集が締め切られた後、主催者とロンドン交響楽団をはじめとする音楽団体代表者による審査によって最終選考進出者が決定され、現在一般ユーザーによる投票が受け付けられている。