PR

昨日は、筑豊地方、飯塚に講演会でした。
ご存知、総理大臣・麻生太郎のおひざもとよぉ。

講演会会場入りは6時。せっかくだから、早めに行って、探検しよう、
と思ったのよ。

で、4時ごろ飯塚に入って、『伊藤伝右衛門邸』を鑑賞。
彼は筑豊の炭鉱王で大金持ち。
柳原白蓮さんを迎えるために作った屋敷よ。

[画像のクリックで拡大表示]

なんかものすごく広くて迷子になるようなお屋敷でしたー。
(実際迷子になって、何度歩いても、ぐるぐる回っておなじところに戻ってきて、
屋敷の全部を鑑賞できなかったわ)

見取り図で部屋数を数えたら、30くらいあったよ。

[画像のクリックで拡大表示]

門構えも立派。数十メートル続く塀。

門の看板は、いまとなっては、どうなんでしょうか・・・。
総理大臣麻生太郎。揮毫。とありました。

[画像のクリックで拡大表示]

写真を撮っていたら、道行く人がコソコソ話してました。
「あの人、テレビの人よ」
「あら、本当、コトさんだわ!」

(コトじゃない、トコですっ!!ま、いいけどさ。)

■さあ、そろそろ5時。次は、腹ごなしをして、レジュメを考えよう。
だって、1時間半の講演だからね~。

実は、飯塚には、おとづれたい喫茶店があったの。

■『吉田茂のコックさんから伝授された、メニューがある喫茶店』
ですって。

(ああ、今は昔。懐かしいが、麻生総理が就任直後、支持率の高かった頃、
麻生総理の、ゆかりのお店、と、テレビなどに紹介されたのよ)

なので、麻生家の厨房と同じメニューが作られていたらしい。

親子丼に、カツ丼・オムライス・焼き飯・カレーなどが秘伝のレシピだって。

リポーターが
「麻生さんも子供の頃、これを食べてたんですねぇ」
なんてほおばっていたの。

ほとんどシャッターが閉まった、ひん死状態の新飯塚の商店街に、
唐突にその店はあった。

[画像のクリックで拡大表示]

『喫茶太陽』よ。

ちょうど5時5分位だ。食べて、コーヒー飲みながらレジュメ書くのには
ちょうどいいタイミング~~~~~。

ワクワクしながらお店のドアを開けると、中のおばちゃんが
「あら、すみません。もう閉店なんです」
というではないかっ!!

「はっ?」時計を見た。しつこいようだが5時5分である。

■「うちは、営業時間5時までなんです」

ガガーーン!!まさか、まさか、である。
土日曜祝日が休みで、営業時間は10時から5時だって。

今まで長いこと生きてきたが、5時閉店の喫茶店は初めてである。

一旦店の外に出たが、アーケードの下に人が歩いていないのである。
再び、太陽に戻った。

「すみません、何か食べたいんですけど、この付近でお店ありますか?」
太陽のおばちゃんは困ったように答える。
「このあたりに食べられる店は、ないわねぇ」

■ないと断言されても、困るのである。
(コンビニとかもないんだよ~~~)

「あああ、困ったわぁ。6時過ぎから、飯塚総合庁舎で、私、講演会でしゃべらなきゃ
ならないんです。そのまえに、ここで食べようと思っていたものですから。
まさか、5時閉店だったとはですね・・・」
ブツクサブツクサぐちった。

「あら、それは、お困りねぇ。どこかなかったかしら」
考え込む喫茶太陽のおばちゃん。

腹ペコトコはどうなる。

続きは明日ねー。

タントーヨシダ:
あーおなかすいた。