PR

 データベースというと「ちょっと敷居が高い」と思う方が多いようです。SQLという特別な操作用の言語を使う必要がありますし、ExcelやCSV形式の表と比べると概念が難しく感じるようです。そこで、手軽に使える「なでしこ」で、データベースを学ぶのはどうでしょうか。なでしこには、SQLite というお手軽データベースが付属していますので、これを利用してデータベースの基本を確認してみます。

●SQLのテストプログラム

 なでしこには「SQLite」というお手軽データベースが付属しています。SQLite は「PHP5」や「Adobe AIR」などにも付属している汎用的なデータベースです。SQLite では、データベースの操作言語「SQL」をサポートしています。また、SQLの構文は標準の規格に準拠していますので、他の本格的なデータベースを扱う際にも、その知識を生かすことができます。

 以下は、データベースのテスト用プログラムです。データベースの操作を行う言語であるSQLをテストできます。

【使い方】

 なでしこエディタに、以下のプログラムを貼り付けて実行します。テキストボックスに SQLを記入して実行ボタンをクリックすると、その結果を表示します。

図1 プログラムを実行してみたところ
図1 プログラムを実行してみたところ
[画像のクリックで拡大表示]