PR

 ようやく日本に戻ってきました。さて、前回お話したスペインのプリペイドSIMですが、その後、チャージの方法が判明しました。分かってしまえば、簡単なことでした。

 一般に、プリペイドSIMのチャージには、いくつかの方法があります。インターネットでチャージできるものもありますが、米国などでは、電気店やドラッグストア(日本のコンビニみたいなもの)などでチャージ用のカードを販売しているので、これを購入します。カード裏がスクラッチになっていてそこを擦ると数字が出てきます。カードで指定された電話番号に電話して、その数字をボタンで打ち込みます。

 筆者は最初、こういうものを探していましたが、スペインでは少しシステムが違うようです。

 筆者が泊まったバルセロナ市内のホテルのすぐ裏にスーパーマーケットがあったのですが、そのレジのそばに携帯電話会社のマークの入った小さなカードが置いてありました。カードは、円形で牛乳瓶のフタ(っていって、最近の人は分かるんでしょうか?)ぐらいの大きさ。表が携帯電話会社のマークで、裏はバーコードでした(写真を撮ればよかったのですが、あわてていて撮り忘れました)。

 最初、これが米国などで売ってるスクラッチ式のカードみたいなものだろうと思って、これをレジに持っていきました。