PR

 部署の女の子たちがみんなでくれた小さなチョコレートや、駄菓子のようなチョコレート。そんな、いわゆる義理チョコにもお返しをしなくてはならないホワイトデー。みなさんはどうしていますか?
 せっかくの機会です。少ない費用でも、受け取る相手が喜んでくれて、さらに、ちょっと見直してもらえるようなお返しを選びたいものです。

 お薦めするのは、入浴剤。入浴剤が嫌いだという女の子を私はまだ知りません。1つ200円台からとコストパフォーマンスも良いので、予算に合わせて組み合わせれば、思いのほか高いROI(投下資本利益率=早い話が、効果的な見返り)が得られると思います。

 女の子たちが大好きな、チュッパチャプスの形に入った入浴剤は、ジャンクな甘いストロベリーの香りがします。お湯に溶けると、中から可愛いミニチュアのチュッパチャプスのフィギュアが出てきます。

 フランスのブルタ―ニュの海水をフリーズドライしたオリゴメールは、女の子なら、一度は使ってみたいと思っている入浴剤です。オリゴメールのお風呂で半身浴をすると、驚く程汗が出ます。1袋725円と高価なので、自分で買うのはちょっと躊躇してしまうのですが、ホワイトデーのお返しに1袋だけでプレゼントされても、うれしいものです。