PR

 仕事というのは、ある意味、書類との戦いである。書類を集め、分類し、整理するのが即ち、思考することなのだ。とか言った人って、いませんでしたっけ? でも厄介なのが、その分類、整理というやつ。もちろん、仕事が1つだけならさほど苦労はしない。明窓浄机で、粛々と進めればよい。問題なのは、複数の案件が、それぞれ独自の速さで、同時並行して進むことである。

 案件は複数でも、こっちの頭と体は1つしかないから、書類は順番に取り出す必要がある。新しい書類を付け足して、またどこかに一時保存して、今度は次の案件の書類を取り出して…という作業を延々と繰り返すのだ。煩雑なことこの上ない。

 そんな日々の戦いの中に、一服の清涼剤のように登場したのがクリアホルダーだった。書類が挿し込めるポリプロピレン製の透明なホルダーだが、使ってみるといたって便利。1案件、1ホルダーという形で、書類をホルダーに投げ込めば、分類、整理は完了だ。出かける時は、必要なホルダーを選んで、バッグに詰め込むだけでよい。この「投げ込み型」の分類、整理法、一度慣れたら、クセになってしまう。便利だなあと内心、ホクホクして使っていたら、ふと周りを見回すと、な~んだ、みんな使ってるじゃないか。アスクルによると、クリアホルダーは、ここ1~2年、売上が急上昇しているのだそうだ。やっぱりねえ。

 もっとも、クリアホルダーにも泣き所はある。あちこちの棚に挿し込んだり、デスク上に積み上げたりすると、ある日、必要な書類がどこにいったのか分からなくなる。1案件の書類を探すのに、すべてのクリアホルダーをチェックしなければならなかったりするのだ。結局、あるべきところから出てこなくて蒼くなったり、仕事が終わった後で妙なところから出てきて腹を立てたり、という悲劇にも見舞われる。

 そんなグチ話をしたら、「これを使えばいいじゃないですか」とアッサリ紹介されたのが、インデックス付クリアホルダー。インデックスが上に付くタイプと横に付くタイプがあって、使い分けられるように工夫されている。もちろん、インデックスには油性ペンでタイトルも書ける。お値段は1枚当たり19.8円と、普通のクリアホルダーの2倍くらいするが、書類を探すイライラが解消できるのなら、それくらいの出費は覚悟しよう。いやあ、考えるもんだねえと少し感心して、便利なクリアホルダーがもっとないかと探したら、これがたくさんあるんですねえ。知ってました?

アスクルオリジナルの「インデックス付クリアーホルダー A4」。インデックスが上や横に付いていたり、山ずれで付いていたり。2つ折タイプもある
アスクルオリジナルの「インデックス付クリアーホルダー A4」。インデックスが上や横に付いていたり、山ずれで付いていたり。2つ折タイプもある
[画像のクリックで拡大表示]