PR

 今回は誰もが一度は使ったことがあるであろう「乗換案内」の活用法について紹介したい。ケータイ各社が複数のサイトを提供しており、出発駅と到着駅を入力して最短ルートを調べるサービスであれば無料で利用できる。ときどき使うといった利用頻度であれば、自分が使いやすいと思うサイトをひとつブックマークに登録しておけば事足りるであろう。

 打ち合わせや取材、営業などで頻繁に電車やバス、飛行機などに乗る人には、より多機能な検索ができる有料版の利用をおすすめしたい。筆者は、数年前からジョルダンの「乗換案内NEXT」(http://norikae.mobi/)というサービスを利用している。月額210円の情報料がかかるが、検索に要する時間を短縮でき、さまざまなシチュエーションで役立っているので、決して高いとは感じない。

 「乗換案内NEXT」の最大の魅力は「乗換案内アプリ」に尽きる。経路のほかに時刻表や地図も検索できるアプリで、素早くサクサクと検索でき、検索履歴が自動的に保存されるのがウェブ版では得られないメリットといえよう。

「乗換案内NEXT」のトップページ
「乗換案内NEXT」のトップページ
[画像のクリックで拡大表示]

ダウンロードして使える「乗換案内アプリ」のトップページ
ダウンロードして使える「乗換案内アプリ」のトップページ
[画像のクリックで拡大表示]