PR

 ん。君、だれ?またウチのユーザーさん、何か買ったのか。

「ボクデースカ。ボクーハ、アメーリカカラヤッテキタ、オチャメナキーボードデース」

 カタカナは英語じゃないからさ、普通に話そうよ。

「ワカリマーシタ。あ、どうしてもアメリカなまりが出てしまう」

 オレはRealforce。よろしくな。

「オー、あなたもアメリカからデスカ」

 東プレのキーボードだよ。名前はアルファベットだけど、日本製。ところで、君、どこがお茶目なの。

「遊びココロいっぱいのブラックですね。いわゆるひとつの黒ですか」

 ただケースの色に合わせただけなんじゃないの。

「ボクをPS/2ポートにつなぐ、キーボードのあちこちにあるLEDがピカピカ光る。黒だととてもウツクシーイ」

 え、今どきPS/2なの。

「ご主人、『やっぱりPS/2じゃないと安心できないよな、取りこぼしあるし』って言ってたネ」

 うーん。うちのユーザーさん、時々わけの分かんないこと言うからな。オレを買うときも、『銀行とかでも採用してるし』って言ってたし。

「銀行!アナタ、そんなお堅いヒトなんデスカ」

 お堅いとかじゃなくてさ、オレのスイッチは静電容量無接点方式だから、耐久性が高いの。銀行とかの業務だと、毎日バシバシキーを叩くでしょ。ちなみにうちのご主人の入力はヘロヘロって感じなんだけどね。ところで、君はどんなスイッチを使ってるの?

「ボク、スイッチボードじゃないね、キーボード」

 分かってるよ。だから、そのキーの接触方式のことを聞いてるの。メンブレンとかメカニカルとかパンタグラフとか、いろいろあるじゃん。

「んー、キー入力、ちょとニガテ。真上から慎重に押さないと入力できなかったりするね。斜め押し、ダメ」

 どんなキーボードだよ。

「いいのいいの。ゲーム仕様だから」

 えっ、そうなの? ゲーム仕様ってすげえ世界だなあ。

「そうなのそうなの」

 オレ、ゲームと関係ないもんなー。どんな配列なのか、ちょっと見せてよ。

「ホットキーを装備しているから、キー、たくさんあるね。ぜいたくでピカピカね。音量調節もバッチリ」

 ほんとだ。えーと、えーと、「WWW」って何?

「キー一発で、WWWと入力できるね。すごい省略でしょ」

 そんな省略いるのかなあ。ま、オンラインゲームなんてのもあるしな。ゲームの世界はオレら銀行向けにはよく分かんねえな。……あれ。

「何ですか?」

「全員に返信」「Program Filesを開く」って、おまえ、いくら何でもこれは無駄なホットキーだろ。

「オマケオマケ。普通のキーばっかり使ってると印字がハゲるね」

 オレのキートップの刻印は昇華印刷だからハゲないんだ。

「ボクの刻印もあまり押されないからハゲないね」

 結果は同じでも意味が全然違うって!

 それに、君、ゲーム用って言ってたよな。ゲーム用らしいホットキー、ないじゃん。

「フフフ。これだからシロウトは」

 日本じゃ、Realforceを素人扱いするやつはいないぞ。

「アノネー、ゲームで大事なのは、マクロ機能なの。ボクはユーティリティー付きだからネ」

 あ、そうか。ゲーマーはキーを同時に押したり、連続押しを使いまくるもんなー。でも、その程度のことはオレもできるぞ。Nキーロールオーバーに対応してるからな。

「ツーン」

 おい、どうしたんだよ。

「そんなゲーマー、嫌い」

 えーっ、Nキー対応してないの? それまずくない? あとWindowsキー。でかすぎないか。ゲームの最中に押しちゃったらどうすんの?スタートメニューがびろーんて立ち上がるぜ。

「うっ。そこはゲーマーのミナサンに気をつけてもらう地雷地帯ネ」

 何で地雷地帯なんかあるんだよ! 君、ほんとにゲーム用なのか?

「……ま、雰囲気だけは」