PR

 Google Earthの使いこなしで欠かせないのが「オーバーレイ」機能だ。最初から用意されているレイヤーを見るだけで十分に楽しめるけど、いろいろなサイトで提供されているオーバーレイが面白い。今回は、「Google Earthで明治時代や江戸時代を探る、あの場所にかつて何があったか」と似たテーマだが、明治政府が作成した明治初期から中期の「迅速測図」を現在の地形と比較してみよう。さらに、オーバーレイ間の比較をするのに「パス」機能を使ってみる。

 農業環境技術研究所の「歴史的農業環境閲覧システム」を使えば明治時代の「迅速測図」と現在の道路や河川、土地の利用状況が比較できる。ただし、対象は関東地方に限られる。同サイトではこの明治時代の地図をGoogle Earthで利用するためのhabs.kmzファイルも提供している。

ウェッブサイトの「歴史的農業環境閲覧システム」では現代の道路はわかるがそのまま現代の地形との比較は難しい
ウェッブサイトの「歴史的農業環境閲覧システム」では現代の道路はわかるがそのまま現代の地形との比較は難しい

「歴史的農業環境閲覧システム」のWebページから「Google Earth用KMZファイル」をクリックしてhabs.kmzファイルをダウンロードする
「歴史的農業環境閲覧システム」のWebページから「Google Earth用KMZファイル」をクリックしてhabs.kmzファイルをダウンロードする

habs.kmzファイル
habs.kmzファイル