PR

昨日の日曜日は、午後から、友人二人と、吉井町という場所にある『十八(とおはち)』というお店に食事に行くことに。

車で福岡市内から、一時間半くらいなんだけど、ものすごくおいしいのよ。
も、せっかくの日曜日だし、ということで、予約は6時でしたが、お昼頃出発して、あちこちよって、桜も見たいね~、なんて計画さ。

そしたら、高速道路である。
■土日祝日は、どこまで乗っても、1000円の日だが。
あいにく、トコたちが、乗り降りする【太宰府ー朝倉】は、ちょうど1000円くらいのはず。

「ちぇっ、恩恵なしかよ、残念だね」
「ほんと、どうせ行くなら、どーんと、大分とか、鹿児島とか、遠くに行かなきゃ意味ないっすね」
と、みんなでブツクサ。

ところが、朝倉を出る時にETCに表示されたのは、【550円】。

「おおっ、もしかして、半額???」
「そうでした、トコさん、2000円以下は半額ですよっ」
「へぇ、ラッキー」
「すごおい、市内から太宰府まで乗った都市高速より安いじゃん」

■「ほんと、じゃあ、都市高速も半額に下げろよっって気がするわね」
と、どこまでも図々しくなる消費者であった。

さあ、桜のトンネルを「もう葉桜だね~」などといいながら、楽しんだ後は、
メインである『十八』にGO!
このお店は、たしか、ここでも紹介した事があると思うよ。
幻の豚『東京X』を出すお店として、知る人ぞ知る名店なの。

■『東京X』を使ったしゃぶしゃぶやトンカツは絶品よぉ。

しかし、その日は、その中の一人が、ものすごく疲れていて。珍しく「忙しい」「きつい」とか、弱音を吐いたりしていたので、彼女を元気付けるためにも、
「スッポンを食べよう!お肌もつるつるよぉ!!」と決めていた。

■三人前なのに、大量のスッポン。

食前には「スッポンの生き血」の焼酎割が。
トコは、運転だったので、お持ち帰りを頼みました。

もりもりと食べ、
「アー、ゼラチン質がたまりませんっ」
「うひー」
と、食いまくり。

大将が顔を出したので、
「高速道路が安くなって、お客さん増えたでしょ?」
と尋ねると、
「いやいや、もっとみんな遠くに行きたいみたいで、うちは増えてないよ」
だって。

■「でもね、定額給付金の時、なにに使うかって質問を受けた鳩山さんがさ、うっかり、うちのことしゃべっちゃって」

「えっ、鳩山さんって、大臣の?あの人も来てるんだ、美味しいものすきそうだもんね」

「そうそう。定額給付金を、なにに使いますかに『しゃぶしゃぶとトンカツ食べます』って、あれ、うちのことなんですよね」

「たしかにー。そのラインナップは、十八メニューに間違いないっ」
「知ってたら、スタジオのコメントで、『これって、吉井のあるお店なんですよぉ』って威張ってしゃべれたのに、ザンネンッ!!」

まあ、そんなこんなで、
■持って帰った生き血を、帰宅して飲みました。
ていうか、量多いし、何匹分かよっ!!

ものすごく鮮やかな赤色の「スッポン生き血・焼酎割り」。

飲んだ直後は、アドレナリンが駆け巡る感じ。
夜中なのに、柔軟運動とかしちゃったわいっ!

さあ、今日は、体力が無駄に満ちあふれてますっ!!

タントーヨシダ:
リゲインでがんばろうっと。