PR

 イタリア中部で2009年4月6日、多数の死傷者を出す地震が発生した。震源に近い町はラクイラ(L'Aquila)だった。こうした目立った地震が発生したときは、Google Earthで情報を得られる。さらに、各種オーバーレイによって地震関連の情報も見られる。

 Google Earthで地震情報を見るには、左側の「レイヤ」内の「Gallery」で「Earthquakes」をチェックする。他のチェックをすべて外してこの部分だけチェックしたほうが見やすくなる。

図1 「Gallery」の「Earthquakes」をチェック
図1 「Gallery」の「Earthquakes」をチェック

 そのままイタリアを表示させると最新の主要な地震の震源が表示される。イタリア中部に大きい地震が見つかった。情報提供元はUSGS(U.S. Geological Survey)という組織だ。

図2 指定した場所の主要な地震の震源が表示される
図2 指定した場所の主要な地震の震源が表示される

図3 地震のマークをクリックすると複数の震源情報に分かれる
図3 地震のマークをクリックすると複数の震源情報に分かれる

図4 今回の地震はマグニチュード6.3だったことが分かる
図4 今回の地震はマグニチュード6.3だったことが分かる