PR

 みなさん、モバイルしていますか? 「モバイルライフ応援日記」の連載が今回で100回を迎えることになりました。読んでいただいてるみなさま、ありがとうございます。日本のモバイルシーンに「スマートフォン」が少しでも普及してほしい、そんな想いで連載を続けています。

 さて、今回は100回目ということで、特別インタビューをお送りします。私が一番会いたい人ということで、今回はウィルコム データ通信企画室室長の須永康弘氏にインタビューをさせていただきました。須永氏は、国内で初めてのWindows Mobileスマートフォンである「W-ZERO3」を開発した方です。

 「W-ZERO3」には、私は個人的な思い入れがあります。PDA市場が縮小してしまった2005年に、突如として現れた「W-ZERO3」。私たちモバイルユーザーにとっては、まさに救世主のような存在でした。2005年12月の発売時には、予約殺到でサイトが落ちたり、店頭には徹夜組が登場して、品不足になってしまう熱狂ぶりでした。

 W-ZERO3の成功で、その後、日本のスマートフォン市場が成長を続けてきました。W-ZERO3がなければ、今の日本のスマートフォン市場は存在しなかったと思います。W-ZERO3を開発・リリースしてくれたウィルコムには非常に感謝しており、その開発を担当した須永氏を「日本のスマートフォンの父」だと私は個人的に思っています。

 その須永氏にW-ZERO3の開発エピソードをぜひ聞いてみたいと思い、今回のインタビューが実現しました。いろいろと楽しいお話を聞くことができましたので、是非ご覧ください(以下、敬称略)。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料