PR

The Official Formula 1 Website

さぁて、今年のF1の見所は…

 今年もモータースポーツの最高峰F1(Formula 1)が開幕した。昨年度は残念ながら、日本のプライベート・チーム「スーパー・アグリ」と、長い歴史を誇る「ホンダ」の2チームが撤退し、非常に残念であった。だが、今年に入って唯一残留している日本チーム、トヨタの調子は上々だし、日本人ドライバーの中嶋一貴が所属するウィリアムズの調子も悪くない。

 レースカーの仕様やルールは、今年から溝なしのスリックタイヤに変わったり、新しくKERS(運動エネルギー回生システム)が導入されたりと、数々の変更がされている。このあたりに関しては、後述の「Yahoo! Formula 1」やその他のF1解説サイトなどに詳しい。

 ついでに今年の見所を少々。開幕3戦で優勝、優勝、3位(ジェンソン・バトンの成績。チームメイトのルーベンス・バリチェロも健闘している)と圧倒的な強さを誇っているのが「ブラウンF1チーム」。「聞き慣れないチーム名だなぁ」と思う人がいるだろうが、実は「ホンダ」を引き継いだ新チーム。この数年、ホンダは成績が芳しくなく、昨年度は戦いをそこそこに、戦力になる新マシンをずっと開発していたのだが、皮肉にも撤退後にその努力が実っちゃってる、みたいなわけ。

 その上、昨年チャンピオン争いをしたマクラーレンとフェラーリの調子がイマイチ。そんなわけで、ブラウンF1はじめ、ほぼ全チームが混戦状態となり、今までに例のない面白さなのだ。

 そうそう、ブラウンF1チーム躍進の原動力、イギリス人でイケメンのドライバー、ジェンソン・バトンは現在、日本のモデルさんとおつきあい中。かなりお美しい彼女、バトンが勝つとテレビに映りまくりだから気になる人はF1のテレビ放送をチェックしよう。

図1 Formula 1.comのトップページ。F1のニュースや映像、オンラインショップなどがある。ライブタイミングは、右のグレーの枠内の「Live Timing」リンクからジャンプできる
図1 Formula 1.comのトップページ。F1のニュースや映像、オンラインショップなどがある。ライブタイミングは、右のグレーの枠内の「Live Timing」リンクからジャンプできる
[画像のクリックで拡大表示]