PR

[画像のクリックで拡大表示]

 ずっと疑問に思っていたことがある。それは、明るくおしゃれなリビングで、家族みんなが笑顔でディスプレイをのぞき込む、パソコンCMの光景だ。素敵だとは思うものの、狭い我が家の現実は、家具のすき間にパソコンラックを置き、使うのも順番待ち。配線や収納も苦労することが多い。

 そこで、1000人のネットユーザーに、自宅のどの部屋にパソコンを置いているか聞いてみた。すると、メインで使う機種(1071台)が置かれているのは「リビング」(46.9%)。パソコンのタイプ別の集計では、場所を取る「デスクトップ・タワー型」と「10.4型より小さな液晶サイズのモバイルノートパソコン」だけは、個室に置かれる比率が高かったが、「リビングでパソコンを使うCM」は約半数の家族の現実に合致していると言えそうだ。

 しかし、リビングに家族がそろってパソコンを囲んでいるかというと、どうもそうではなさそうだ。リビングでのパソコンの定位置を聞くと、リビングテーブルの上(22.5%)ではなく「専用のパソコンデスクやラック」(37.8%)が1位。専用ラックは使い勝手が良く「周辺機器から電話まで全部置く」「配線を見えないようにできる」「部屋の隅に置き、存在を感じさせない」などと工夫されている。一方、リビングテーブル派は「食事のときは床に移動」「コードが引っ掛かる」「家族が寝てから使う」と、リビングテーブルならではの苦労が多い。大勢が使う場所だけに「汚れやほこりよけにカバーや布を掛ける」のも、ほかの部屋より多かった。とはいえ「ディスプレイは大きなテレビを利用」「寒い時期は暖房費節約で家族と一緒に大テーブルで作業」といった利点もあり、「共有しやすい」「別の部屋だと使用頻度が下がる」という声も。

 ちなみに、2台目以降のパソコンは「各自の部屋」「寝室」「子ども部屋」「納戸・DEN」の順。中には、10台以上のパソコンを、トイレや廊下にまで置いているつわものもいた。

メインのパソコンをどこに置いているか聞いた。その他として、「必要な場所に移動する」「バッグ、カバン、ケースなどの中」「こたつの上」「出窓」などの回答があった
メインのパソコンをどこに置いているか聞いた。その他として、「必要な場所に移動する」「バッグ、カバン、ケースなどの中」「こたつの上」「出窓」などの回答があった
[画像のクリックで拡大表示]