PR

 私は最近Windows 2000 Server Active Directory Networkをお払い箱にして、混沌の館の構内ネットワークをワークグループに変えた。それは良好に作動していて、私は後悔していない。しかし、Vistaのいろいろなセキュリティの設定には気が狂いそうになる。私のマシンの1台はどのマシンからでもデータを取得できるが、それに何も送ることができない。私は自分が見つけられないファイアウオールやセキュリティ設定があると確信している。だが私はそれが何か分からない。1台のVistaマシンは、他のVistaマシンに自動的にログオンすることができる、しかし別のマシンは、いつもマシンをシャットダウンしてからユーザー名とパスワードを手で入力しなければならない。繰り返すが、私は2つのシステムの設定のどこが違うのか分からない。私は系統的に原因を調べる時間をとらなければならないのだろうと思う。しかし、今のところ何とかなっている。ログオンすれば、次の再起動まで調子よく作動するからだ。

 アクティブディレクトリからの乗り換えが終わると、Windows Home Serverを試す準備ができた。私はMicrosoftが昨秋ロサンゼルスコンベンションセンターで立て続けに行った技術コンファレンスのProfessional Developers Conference とWinHECの両方でそれの実演を見ていた。私はちょっとしたぼんやりした状態でそれらのコンファレンスに行った。私の頭は、頭の中の手術不可能な塊に5万ラドという強いX線を照射する治療を受けていたので、いつもほどコンファレンスのことが頭に入らなかった。しかし、それらは行く価値があって、私は実際Windows Home Serverのセッションに行った。

 Windows Home ServerはWindows 2003 Serverをベースにしっかりと作られている。それは3つのサービスを提供する。複数のマシンの中の1台の自動バックアップ、修復、状態のモニタリング、ドキュメントとファイルの共有、インターネットアクセスができるあらゆる場所からのリモートアクセス機能である。共有されるファイルは写真、オーディオ、ビデオなどである。バックアップは完璧で、増分バックアップを行う。マシンは何台でも扱うことができる。私は早朝4時に毎日のバックアップを行うことにした。そしてすべて順調に行われている。詳細を知りたい人向けにWindows Home Serverの詳しいレビューがあるので参照してほしい。

 Windows Home ServerはMicrosoftから入手できる。120日間の無料試用期間がある。そして、構築したか買ったかした「ドライブの箱」のシステムにそれをインストールする。あるいは、Windows Home Serverが箱にインストールされているサードパーティーのシステムを買うことができる。これにはHome Serverがサービスを行う個々のマシンにインストールするインストレーションソフトウエアが付いている。私はHP MediaSmart Serverを選んだ。一つにはHPシステムにはインストールが非常に簡単にできるウィザードがあるからだ。これはたいへん良かった。なぜなら、私は時間を割いてVistaを学習しているわけではないからだ。