PR

ワハハ、手作りのチラシとか作って次男の舞台などの告知を、会う人会う人に押し付けがましく配布している、ステージママ・トコでござる。

カラーコピーまで制作している、この努力!
和泉節子の気持ちが理解できそうだ。

先週末、めんたいワイドの芸能コーナーに、梨元勝さんがいらした。

福岡のローカルテレビは、東京から芸能リポーターを呼ぶ、芸能コーナー合戦となっているのよ。
(東京のテレビから、芸能コーナーが消えているせいもあり、芸能リポーター陣も
地方の局での仕事が多いわね。なので、地方の方が芸能は過激よ~。キー局じゃいえないことも、しゃべってます。)

キー局は、規制が厳しいけど、ローカルはそこまではない。

■簡単なキー局の規制一例だが。

キー局では、『キムタク』と言ってはいけない。

たとえ、スポーツ新聞の見出しに『キムタクがうんぬん~』
と書いてあっても、
見出しを読むときは、
『木村拓哉さんがうんぬん』と言い換えねばならないのよ。

しかし、ローカルでは、フリップにも『キムタクの~~~』
なんて、書いたり出来るし、口に出したりもできるの。

テキトーにしゃべっているみたいだけど、コメントもいろいろあるのさ。

で、めんたいワイドの毎週金曜日は、芸能担当は、宇都木デスクなのだが。
■月末総決算で、最終週は、芸能リポーターの草分け、梨元勝さんがいらっしゃるのよ。
トコは、オンエア前に、楽屋を尋ねましたー。

「梨元さん、今日もよろしくお願いいたします」
「あ、どもども、恐縮です」

(本当に梨元さんの名フレーズ『恐縮です』は、口癖なの)

「昨日の草なぎさん逮捕の一報と、現場からの動画配信は、早かったですねー」

(芸能好きトコは、【梨元裏チャンネル】という、
携帯サイトの速報配信をしてもらっているの)

「わ、うれしいなぁ、見てくださったんですね。恐縮です」

「ところでっ!!今日は、お知らせが」

と、次男の舞台のチラシと、NHKドラマの記者発表のコピーを手渡したのであった。

■「ゲッ!息子さんっていくつ?トコさんって、そんな大きい息子がいるんだー」

見に行きますよー、との温かいお言葉をいただいたが。
「いえいえ、とんでもない。名前だけ覚えておいてくださいませ」
と、丁重に辞退いたしました。
いくらなんでも御大に足を運んでいただくわけには。

タントーオ~ヂは、
「息子(小学校6年生&4年生)と見に行こうと思いましたが、
ちょっとテーマが・・・」
と、断念していた。
そうそう、チェリーボーイの話だもん。
もうちょっと大きくなって来てね~。

タントーヨシダ:
はい。息子さんにはよろしく。次は見に行きたいですね。
とまあ、なんだか普通のブログみたいなコメントしているヨシダです。