PR

 最近のモバイル機器の多くは、リチウムイオン電池(2次電池)が使われています。これは、重い割りに容量が大きく、メモリー効果がないために継ぎ足し充電できる、モバイル機器向けだからです。

 どれも同じようなリチウムイオン電池なのですが、その充電などの制御には、メーカーや機種によって違いがあります。図1のグラフは、筆者の手元にあったノートパソコン3機種のバッテリー充電時間と充電量をグラフにしたものです。これを見ると、グラフの形が違うことに気がつきます。また、表1のようにスペックも違い、充電時間にも違いがあります。

[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

図1 筆者の手元にあった3台のノートPCでバッテリの充電時間と残量表示を測定してみた
図1 筆者の手元にあった3台のノートPCでバッテリの充電時間と残量表示を測定してみた
[画像のクリックで拡大表示]

メーカーレノボNEC富士通
機種名IdeaPad S9eLavie LJ750LHLOOX U/B50
使用バッテリ6セルバッテリバッテリパック(L)リチウムイオンバッテリ(L)
動作時間6.2時間6.5時間11.2時間
充電時間-5.2時間5.3時間
消費電力(最大/平均)40/?W55/17W40/9W
ACアダプタ20V/2A10V/5.5A16V/2.5A
バッテリ容量4800mAh7800mAh5800mAh
バッテリ電圧10.8V7.2V7.2V