PR

 デルからデザインに注力したハンサムノートが登場した。削りだしのアルミ素材を使った16.4mmという極薄ボディが目を引く。ラインナップは2モデルで、CPUにCore 2 Duo SU9400、メモリー4GBを搭載した「DESIRE」(デルの直販サイトでの価格27万6000円)と、CPUにCore 2 Duo SU9300、メモリー2GBを搭載した「ADMIRE」(同20万5000円)。今回は下位モデルの「ADMIRE」をレビューした。

 「Adamo」は梱包からして手が込んでいる。クリアケースの中にPCが空中に浮いているようにセットされているのだ。ケースから取り出すと、見た目以上にずっしりとした手応え。重量が1.81kgもあるのだ。軽量をウリにする国産ノートなら1kg前後、デザイン重視のモバイルノートということで比較されることの多いMacBook Airは1.36kg。アルミ削り出し素材の堅牢感や高級感は十分だが、重量にはこだわっていないようだ。

デルの「Adamo ADMIREモデル」。カラーはパールとオニキスの2色が用意されている(写真はパール)
デルの「Adamo ADMIREモデル」。カラーはパールとオニキスの2色が用意されている(写真はパール)
[画像のクリックで拡大表示]

PCをセットした状態のクリアケース。下の黒い部分に付属品が収納されている
PCをセットした状態のクリアケース。下の黒い部分に付属品が収納されている
[画像のクリックで拡大表示]

天板は、エッチング処理された部分とパールのつやがある部分とのツートン
天板は、エッチング処理された部分とパールのつやがある部分とのツートン
[画像のクリックで拡大表示]