PR

 不況になるほど「スカートの丈が短くなり、赤い口紅が売れる」という。2009年のトレンドが「ビビッドカラー」ということは、今年はまさに不況のど真ん中ということなのだろうか。ユニクロでさえ例年より派手な色とりどりのジーンズとシャツをディスプレイしている。

 豊富なカラーバリエーションを取り揃えた携帯電話の端末、デザインが面白い端末、といえば日本が元祖だが、韓国では端末のカラーを何十色も発売するより、子供のおもちゃに見えなくもない鮮やかな「原色」カラーと様々なプリントパターンの組み合わせが、この春夏のトレンドなのだ。

 韓国の家電は、数年前からデザインも色もどんどん派手になるばかり。優れた性能は当たり前、オレンジ、ピンク、花柄、蝶々柄、きらきらキュービック付きなど、インテリアの一部として選んでもらうという戦略がここ数年繰り返されている。それが、ついにファッションと携帯電話をお揃いにするところまで発展した。

 サムスン電子の2009年上半期ヒット端末「Haptic Pop」は、3.2型液晶画面、タッチスクリーン、300万画素カメラ、地上波DMB(ワンセグ)搭載、12種類の待ち受け画面イラスト、ファイルビューワー、電子辞書機能を取り揃えている。さらに赤、紫、青といった原色のストライプ、ドットなどポップアートのような15種類のパターンがバッテリーカバーにプリントされており、カバーを差し替えるだけで新しい端末を買ったような気分になれる、かわいくておしゃれな端末である。Hapticは「触覚」という意味で、サムスン電子はフルタッチスクリーン方式のHapticシリーズを2008年から発売している。

 Haptic Popはテレビドラマ「花より男子」の韓国版で、主人公らが劇中で使用したことでも話題を集め、韓国で累積20万台が売れた。ドラマの中でF4を始め、主な出演者らの携帯電話は全てHaptic Popだが、それぞれキャラクターに合わせて異なるデザインのバッテリーカバーをつけていた。これがどのCMよりも効果をあげ、ドラマのファン層であった小学生から高校生の10代が決して端末価格が安くないHaptic Popを選択したのだ。

 サムスン電子は、この端末に施されているストライプパターンとお揃いのシャツやネクタイなどをサムスン系列の高級カジュアルファッションブランド「Bean Pole」より発売する、「デザインクロスオーバー」を始めた。

ファッションと携帯電話をお揃いのデザインに
ファッションと携帯電話をお揃いのデザインに

 Haptic PopもBean Poleも持っていると自慢になる有名+値段の高いブランド品である。「人に迷惑をかけるな」、ということより、「他の子に負けるな」と教える韓国のお母さん達の熱血ぶりを考えると、どんなに給料が減り不況であろうと子どものための出費は惜しまないのだろう。今回お揃いの子ども服は販売されていないが、最近の子は体格が大きいから子ども服なんて着ないし、カラーマーケティングというより子どもマーケティングと言うべきだろうか。サムスンは上手いところを突くものだ。