PR

 前回に続き、Googleの検索機能に新しい機能が追加された。「検索ツール」である。なんだか今までにもあったような気がするが、実はなかった。

 検索結果画面をよく見てみよう。すると、いつも「○○の検索結果○○件中1-50件目」などと表示されている部分の左側に「検索ツールを表示」というリンクが追加されている。

図1 Googleで検索を実行すると、結果表示画面に「検索ツールを表示する」という文字が加わっている。5月13日に始まったばかりの新サービスだ
図1 Googleで検索を実行すると、結果表示画面に「検索ツールを表示する」という文字が加わっている。5月13日に始まったばかりの新サービスだ
[画像のクリックで拡大表示]

検索ツールって?

 検索結果を絞り込むための機能として「検索オプション」がある。検索オプションを使うと、ファイルタイプから日付、範囲、ドメインなど、非常に細かい絞り込み検索が行える。

 が、検索オプションを使う場合、ファイル形式や検索対象サイトなどを指定するための演算子を覚えておくか、検索オプションの画面に移動してから検索しなければならない。

 それは面倒だ、という人に便利なのが、今回提供された「検索ツール」である。

 結果が表示されてから、ちょっと違うなあという場合によく使う絞り込み機能を追加して、新しい結果を表示できる。

 試しに「Google 新機能」で検索してみよう。

 「検索ツールを表示」をクリックしてみると、画面の左側にメニューがあらわれる。
 検索ツールの機能は、種類による絞り込み、期間による絞り込み、表示方法の変更、ワンダーホイール表示という4つに大別される。

図2 画面左側に表示されたのが「検索ツール」メニュー。四つのカテゴリーがある。チェックの入っている項目が現在選ばれている項目
図2 画面左側に表示されたのが「検索ツール」メニュー。四つのカテゴリーがある。チェックの入っている項目が現在選ばれている項目