PR

 もはや定番のアイテムとなったネットブック。対応する周辺機器も続々と登場している。「C-HL02-WP」はネットブック用の冷却スタンド。7~10型の液晶を搭載した製品に対応する。

重量は575gと軽いので、家やオフィスの中ならば、ネットブックを載せたまま手軽に持ち運べる。
重量は575gと軽いので、家やオフィスの中ならば、ネットブックを載せたまま手軽に持ち運べる。
[画像のクリックで拡大表示]

製品名C-HL02-WP
外形寸法幅300×奥行き230×高さ5~30mm
実勢価格5000円
メーカー名CHOIIX(チョイス)
製品情報C-HL02-WP
問い合わせ先エアリア

 ボディはプラスチック製。ネットブック本体を載せる天板部分はアルミニウム製で、放熱効果を高めている。接地面には滑り止めのゴムを装備。スタンドはやや斜めになっており、ネットブックを置いた際に適度な角度が付く。角度の調整機能はない。

 スタンド背面には冷却用に7cm角ファンを1つ搭載。USBのバスパワーで動作する仕様で、ネットブックにつなぐためのUSBケーブルが付属する。左側面にスイッチを装備し、ネットブックにUSBケーブルを接続した状態でも、ファンのオン/オフは切り替えられる。

背面には7cm角ファンと4つのUSB 2.0ハブを装備する。
背面には7cm角ファンと4つのUSB 2.0ハブを装備する。
[画像のクリックで拡大表示]

 天板の中央には大きな穴が開いており、背面に取り付けたファンで風を送り冷やす仕組み。ネットブックの裏面に熱がたまりにくい。試しにIntelのAtom N270(1.6GHz)を搭載した「Eee PC 901-X」(ASUSTeK Computer)で、フリーソフト「OCCT」を1時間実行。CPUに高い負荷をかけた状態のCPU温度を比較した。その結果、C-HL02-WPを使用しない場合は57~59℃だったのが、C-HL02-WP使用時は47~52℃まで温度が下がった。長時間、高い負荷をかけて作業する場合の冷却効果は大きいといえる。

8.9型液晶を採用したEee PC 901-Xを載せたところ。幅にはまだ余裕がある。
8.9型液晶を採用したEee PC 901-Xを載せたところ。幅にはまだ余裕がある。
[画像のクリックで拡大表示]