PR

ベッドから、起き上がれない。あ、あ、あ、。
太もも前部が、筋肉痛で、イタイッ。
背中上半分も、こわばっていて動かない。

ようやく起き上がり、トイレに向かったが、便器になかなかしゃがめないのよ、
太ももが痛くて。

「あーーー、うーーー、ふはーーーん」
とうなりながら、じわりじわりと腰を落として、やっと着席。
ことを済ませても、立ち上がるのにまた、
「ふはーーーん、うーーー、あーーー」
と、痛みと戦いながら、身体を戻さなければならないの。
トイレだけでも一苦労。

■でも、トレーニングの翌日に痛くなったから、まだいいわ、とちょっと安堵。
最近は、筋肉痛が出るのが、中1日置いて、2日後だったりしたもんね~~~。

午前中は、筋肉痛で、食欲もなく、
口にしたのは、ゼロカロリーの飲み物よ。
(ペプシネックスや、アクエリアスゼロ)

ローカロリーはだめですって。
後ろの表示をみて、「カロリー0」と書いてあるのを確認すべし。

カロリーオフとかだったら、カロリーはあるからね。

■とにかく、糖類と、油物、炭水化物が禁止!!

果物や、甘い野菜(トマトやニンジン)もダメなんだよっ。
(まずは、体の糖質を使い切らなきゃいけないのよ)

いろいろ、食料を買い込まなきゃな、と、思ったわ。

■今日は、午後から、「めんたいワイド」のオンエア。
本番のために、局入りしました。

スタッフには、昨日からいきなり始めた、と、連絡をしておいたので、
「どうですか?だいじょうぶですか?」
と、みなが、心配してくれる。

めんたいの出演者には、このコースの体験者が多く。

「1週間ほどすると、つらさが、ピーク」とか、
「とにかく、プロテインを飲みましょう」
「2週間目は、脳が、ボーっとなるので、コメントいえなくなるかも。
そんなときは、オンエア前に、氷砂糖食べるといいですよ」

などなど、自身の体験談を話してくれるのであった。

さらに、R馬君が、
■「はい、これプロテインっす。寝る前と、起きた時。
それから、いつでも、飲んでくださいね。がんばって」
と、プレゼントしてくれたのよ。ありがとー。

さて、本番だが。
コメンテーター席に座ろうとしたら、

■朝より筋肉痛がひどくなり、腰が下ろせない!!!

テーブルに手をついて、困ったように顔を上げたら、
気づいたスタイリストさんや、メークさんが飛んできた。

「トコさん、一人で座れないんですね」
力なくうなづくトコ。

「大丈夫です、腰を支えてますからねっ」
「私は、脇をもってますよ」

「ありがとう、じゃあ、いくよ」
と、ふるふるふる、と小刻みに太ももを震わせながら、
ようやく、腰を下ろしたのだった。

■介護される人の気持ちが、よく分かるわ。

筋肉痛が朝よりひどくなった、ってことは、明日は、ドーンど来るのか?
ちょっと、ドキドキである。

さらに、本番中。
■試食に、美味しい鳥から揚げ!!がでた。

ウヒャア、揚げたてでウマいっす!!
我を忘れてむしゃぶりついた。

■さらに、限定30個という、湯布院のプリンが登場。

うへへへ、柔らかくて甘くておいしいーーーーー。
ホンの30秒くらいなのに、ほとんど食べてしまう。

「うげげげ、たべちったよ、油物に、デザート」

■たぶん、昨日の分のトレーニングは、無駄になったであろう・・・。

まあ、それはほれ、仕事ですし。
少しのゴホウビもないと、やってられないよね。

■と、あっさり自分を許す。

■本番後には、本番前より筋肉痛がひどくなっており、

階段が一段も下りれず、すごい遠回りをして、エレベーターで降りた。
バリアフリーって、ゼッタイ必要だわ。

■夜は、テレビスタッフの女子限定飲み会。

これまた、美味しそうなお店なのだ。
なんせ、グルメ番組とか作ってるメンバーですから。

しかし、ですよ、小躍りして食べるわけにはいかず。

■もちろん、アルコールは3週間は禁止ですから。
ウーロン茶をちびちびとすすり。

最後に鍋物が出た。

マグロのしゃぶしゃぶ鍋である。

おお、うまそうっ!!

魚ですし、平気さ、と、口に運んだ。

うはっ、むちゃ脂がのって美味しい!!
さらに、最後は、締めの雑炊。

「はい、トコさんどうぞ」
「おお、いいダシ出てそうだね」

と、軽く平らげ、思い出した。

■ご飯禁止だったよなーーーー。

■しかも、脂ののった魚は、だめ食材だったわ。
はぁーーー。

やっぱ、宴会とか、ムリですから。

■帰宅したら、ユッキーから励ましメールが。

「トコさん、がんばってますか。プロテイン飲んでますか?
寝る前に、飲むの忘れないでくださいね」

■「ラジャー」と返信し、
プロテインを飲んで、寝ました。

なかなか、食生活って、いきなり変えられないわ。

タントーヨシダ:
これやるなら、世間の誘惑に負けないように、
お寺に3週間修行に行った方がよさそう。