PR

長年のアコガレ、バルーンフェスティバル

 大型連休のとある日、以前から見たいと思っていた「佐久バルーンフェスティバル」、つまり熱気球の公式競技会に行ってきた。

 これは信州、長野県佐久市で毎年5月の連休に開かれているイベントだ。筆者の住む松本から佐久までは、大抵クルマで高速道路を使い2時間強。このところの「休日の高速料金1000円」も手伝って、ついに長年のアコガレであった、このイベントに行くことに。

 聞くところによると、このイベントは、熱気球の公式競技やらデモンストレーションやらが大々的に行われ、たくさんの気球がうかぶさまは圧巻だという。概要はこんな感じ、町あげてのイベントだ。まあ、ゲストに横綱の朝青龍が来るというぐらいだから、相当な力が入っていることが分かる。

図01 佐久バルーンフェスタの公式ホームページ
図01 佐久バルーンフェスタの公式ホームページ
[画像のクリックで拡大表示]

 熱気球のほかにも、たくさんの出店があり、子どものための体験イベントやステージ、トライアルバイクのショーなどが開催され、賑やかなイベントとなっていて、何万人も動員するようである。

実際に行ってみたら…

 競技は朝と夕方に行われるのだが、午後の競技をターゲットにお昼前あたりに着くようにクルマを走らせ、会場近くの駐車場へ。駐車場は近くの小学校を借りていて、そこからシャトルバスが出るようになっている。

 この日は午後に人気者の横綱が来る、ということもあってか、さらにすごい人出っぽい。まあ、競技は午後3時からなので、出店の食べ物を食べたり(地元の商店や自治会、観光協会などが出店している)、地元の子どもたちが次々と太鼓や吹奏楽、合唱などで出演するステージイベント、バイクショーや気球をふくらますデモンストレーションなどを見たりして過ごす。

図02 横綱の朝青龍を乗せた気球。デモンストレーション用の気球で、競技用のものよりは一回り大きめで圧巻だ
図02 横綱の朝青龍を乗せた気球。デモンストレーション用の気球で、競技用のものよりは一回り大きめで圧巻だ
[画像のクリックで拡大表示]