PR

 個人的に、オムニ製のソフトがとても気に入っていて、取り上げる機会が多くなっている。もちろん、ただ気に入っているだけではなく、「Macらしい仕事に役立つソフト」を探すと、同社製の製品が結構ツボにはまってくる。いわゆる知的生産性を向上させてくれるソフトが多く、つい使いたくなってしまうのだ。

 今回取り上げる「オムニフォーカス(OmniFocus)」も、そんな匂いがぷんぷんとするソフトだ。ジャンル的には、ToDoソフト――つまり、タスク管理ソフトだ。僕が知っているToDoソフトの中では、究極と呼びたくなる高機能ぶりで、たくさんのタスクを抱えている人には超お薦めである。

 実は、そう新しいソフトではないのだが、今回取り上げた最大の理由はiPhoneとの連携機能を搭載したことだ。言うまでもないが、ToDoは常時管理するべき情報なので、手帳感覚で持ち歩けるiPhoneで管理するのがベストだ。

 余談ながら、いまだにアナログ手帳にこだわる人も多いのだが、本当の効率を追求するなら、即刻手帳はデジタルにするべきである。愛着やら、アナログの癒しっぽさは別として、仕事に勝ちたい人がアナログ手帳を使うのはナンセンスだ。

 タスク処理に関しては、iPhoneを究極の手帳にするオムニフォーカスを早速試用してみよう。

オムニフォーカスは、ダウンロード価格が8800円のタスク管理ソフト。若干高いが、生産性向上が見込めるなら、妥当な価格であろう。
オムニフォーカスは、ダウンロード価格が8800円のタスク管理ソフト。若干高いが、生産性向上が見込めるなら、妥当な価格であろう。
[画像のクリックで拡大表示]