PR

 2009年5月29日、ノ・ムヒョン前大統領の国民葬が営まれた。世界中を驚かせた前大統領の死去。

 インターネットポータルサイトやインターネット新聞に集まった追悼のメッセージは、オンラインゲームにも広がった。

 主なオンラインゲームサイトではゲーマーたちがプレイを一時中断し、キャラクターに黒い服を着せてろうそくや炎といったアイテムを手にして一個所に集まりノ前大統領への追悼メッセージを書き込んでいた。

 「リネージュ」や新作ゲーム「AION」で有名なNCSoftは、29日午前10時から午後5時まで7時間、ゲームポータルサイト「PlayNC」のサービスを中断し、ノ前大統領へのメッセージを残す掲示板を設けた。

playNCによるノ・ムヒョン前大統領追悼の告知
playNCによるノ・ムヒョン前大統領追悼の告知
[画像のクリックで拡大表示]

 Hangameもメイン画面のバナーを灰色にして、国民葬の様子をネット生中継した。NexonのDungeon & Fighterではクリックすると白い菊を捧げられるオンライン焼香所を設け、1日で30万人が参加したほど反響があった。書き込みをする際には黒いリボンを意味する記号や、お葬式を意味するマークをを頭につけている。

 ゲームを中断してまで追悼に参加したことで、ゲーマーの反発はなかったのだろうか。NCSoftは有料ゲームサービスを中断する代わりに1日無料チケットを提供し、専用クライアントをダウンロードしたユーザーはゲームを続けられるようにしたため、反発はほとんどなかったという。それどころか、NCSoftやHangame、Nexonの評判はうなぎのぼり。一方、外資系ゲームサイトは、追悼バナーさえ作らなかったと憎まれ口を叩かれる始末となった。