PR

えっと、トコがチャレンジしているのは、肉体改造。ボディーメイク。
ダイエットではありませんので、念のため・・・。

ダイエットは、摂取カロリーを落として体重を減らすだけですが。

■肉体改造は、体脂肪を落として、筋肉をつけるんですー。

すると、太りにくいからだが出来上がる、という寸法さ!

なので、筋肉の元となるタンパク質をせっせととらねばならないの。
ふふふ。ゴールを目指して、がんばってます。

■ちょっとやばいので、中1日だが、パーソナルトレーニングの予約をした。
夕方まで、めんたいワイドのオンエアのため、予約はオンエア後の7時である。

必死に時間を作り『ケビン』に通う自分がいとおしい。

朝は、プロテインをのみ、昼前は、蒸したとり胸肉(作り置きしているの)に
コチュジャンを塗りたくって野菜と食べる。

■調味料も、ソースやケチャップはNGだけど、コチュジャンなどは、大丈夫なのよ。

■さあ、《1日5回食》が目標なので、スタジオ入りの前にも、ちょこっとつまむ。
空腹が心配なので、カロリーゼロのゼリー飲料を一袋持参。

■「どうですか、トコさん?もう、筋肉痛は?」

メークルームで、MCの舞ちゃんや、先週、椅子に座るのを介護してくれた、
スタッフ達が興味しんしんに経過を聞く。

「それがさぁ、筋肉痛はおさまったんだけど。食事方法を間違えててさ。
せっかく胸肉とか準備してたけど《満腹に食べてたから、効果なし》よぉ!」

「あ・・・。それはご愁傷様・・・」

「でもいいの。トコのような年齢の者が、急激にムリするのはよくないわ。
だから、みんなが3週間でも、トコは4週間くらいで取り組むわ~」

「そうですね、初回も、心の準備が出来ずに連れて行かれてますから、
1週間は、アイドリング期間だったってことですね」
「そうなの、そうなの」

なにごとも、前向きである。

そして、オンエアでは。

■豚コマの一口カツが登場!!

本番なので、もちろん試食しなければならない。

ひさしぶりの、揚げ物だが。
マジ、ウマいっす!!

「あ、あ、先生、これ美味しいねぇ~~。真ん中にチーズが入ってトロトロ~」

一口だったが。
身体中にエネルギーが染み渡る。
油と肉って、すげーーー!!

その後、
■広島のつけ麺「ばくだん屋」の10倍辛麺も登場。
辛くてうまいっ!ズルズル~~~~。
(仕事仕事、と言い訳しながら)

■R馬君(ほめ上手)が、あいまに、
「がんばってますか、トコさん。あれ、少し顔細くなりましたね(ニコニコ)」
と声をかけてくれる。

■スタジオでも、横の席の若菜嘉晴さん(城島選手の育ての親)に、
トレーニングの様子を報告。

「ベンチプレスとか、するんですけど、手がフルフル震えて、上げられない」
というと、
「あのさあ、ベンチプレスって、手で握ってあげようとしたらダメなんだよっ。
手のひらの、ここに、バーを当てて、手のひらで押しあげるっ。
ほら、手を広げて見せてっ!!ここに乗せるんだよ」

コメンテーター席で、いきなり熱血指導が始まった。
やっぱ、元プロ野球選手だから、トレーニングなんかの話題には燃えるんだね。

「ところで、トコちゃん、今は何キロをあげてるの?」
「う・・・・・。ウエイトなしで、棒だけですー」
「城島はさぁ、120キロとか上げてたっ。がんばらなきゃ」
(いやいやいや、私、城島じゃないし。スポーツ選手でもないっす)

■みんなから見送られて、パーソナルトレーニングに行く。

「こんにちわ、調子はいかがですか?」
トレーナーが尋ねる。

■「はいー。何とか食事をがんばってます(詳しく言いたくない)」

「そうですかよかった。で、今日は、お食事は、何回されましたか?」
「えっと、4回です」

「ほぉ、いいペースですね。プロテインも味つきは?」
「はい、注意されたので、バナナ味とか、飲んでないです」
「よかった。では、食事の内容をお聞きしてもいいですか」

「うっ・・・。プロテインに、とり胸肉に野菜、ゼリー飲料に・・・。
それから、それから。先ほど、スタジオで、一口カツ食べましたっ」

■にこやかだった、トレーナーの顔が曇る。

「しかも、中には、チーズが入ってました。それから、ばくだん屋のつけ麺も」

「グゲッ、揚げ物にチーズ、最強(つまり最悪ってこと)ですね。よしっ」

(え、いまの、よしっ、てなに?)
不安が高まる。

話題を変えようと、
「若菜さんという、元プロ野球の人がね、
ベンチプレスの挙げ方のコツを教えてくれたんです」
と話したが。
「あっ、そうなんですか、そのコツはなかなかマニアですね。
でも、今日は、ベンチプレスはしませんから」
と、ばっさり。

■本日のメニューは、
肩の筋肉を鍛えるものや、ダンベルで腕の筋肉を鍛えるものが中心。
(毎回、新しいトレーニングがあったり、組み合わせが違うの)

なぜ、肩や腕を鍛えるか、というと。
そこを鍛えることにより、重たいウエイトを使えることになり、
トレーニングが効果的になる、ということらしいよ~。

トレーナーが、上を指さすので見たら。
ガラス張りの窓からKハシさんが、ガッツポーズをして
トコを励ましてくれていた。

■ジムでシャワーを浴びて、帰宅したら、テレビのリモコンを持ったまま、
ソファーで眠ってしまっていた。筋肉痛はないが、泥のように、疲れている。

これが、みなの言っていた、ふらふらってヤツか。

タントーヨシダ:
そうか、なら私のやっているのも肉体改造ですね。
もう6年やっていますけど。