PR

 みなさん、モバイルしていますか? 日本のスマートフォンシーンの台風の目となっている「iPhone 3G」の新機種情報がリリースされました。モデル名は「iPhone 3G S」です。米国では6月19日に出荷されるそうですが、日本では、ソフトバンクモバイルが6月26日に発売します。

iPhone 3G S
iPhone 3G S
[画像のクリックで拡大表示]

 「iPhone 3G S」は、見た目こそ変わりません。しかし、機能的には随分パワーアップしている模様です。従来の「iPhone 3G」で改善して欲しいと思われる点が、ブラッシュアップされています。簡単にスペックを見ると、以下のようになります。

  • 内蔵メモリーが16GBのモデルに加え、32GBモデルが登場
  • 内蔵カメラが200万画素から300万画素にパワーアップし、パンフォーカスからオートフォーカスへ、動画撮影機能搭載、マクロにも対応
  • HSDPA対応で通信速度が最大7.2Mbps
  • iPhone OS 3.0搭載、コピーアンドペースト機能搭載
  • バッテリーの持ちが改善
  • メールの起動時間が2倍以上短縮
  • デジタルコンパス機能や、音声コマンドによりマイクから連絡先を呼び出し電話をかけたり曲を選択したりできる音声コントロール機能を搭載

 個人的には、カメラのマクロ機能と動画撮影機能搭載が嬉しいです。よく小物を撮影するため、現在、iPhone 3Gには、マクロカメラ切り替え機能付きケースを付けているほどです。

iPhone 3G用ケース。マクロレンズを搭載しているタイプを使っています
iPhone 3G用ケース。マクロレンズを搭載しているタイプを使っています
[画像のクリックで拡大表示]

 「iPhone 3G Sが欲しい!」と思ってはいますが、問題は、現在の「iPhone 3G」の契約が残っていること。昨年7月の発売日に購入したため、2年縛りで、まだ1年以上残っています。解約して残金を払ってしまう手もありますが、スーパーボーナスの割引を考えると、あと1年は持っていたいところです。

 そんな悩めるユーザーへの朗報は、従来のiPhone 3G、iPod touchユーザーも、iPhone OS 3.0にアップグレードが可能だということです。6月17日より配信を開始し、iPhone 3Gは無償、iPod touchは9.99ドルでアップグレードできるとのこと。まずは、iPhone OS 3.0の新しい機能をiPhone 3Gで楽しみながら、「iPhone 3G S」の購入のタイミングを待つ、ということになりそうです。でも、欲しいんですよねえ。万が一、購入してしまったら、またこちらで紹介をさせていただきます。