PR

 さて、今回は、1本のソフトをご紹介する。

 もちろん、Google関連ではあるが、サービスに何かの機能を付加するわけではない。

 「GMDesk」はGmail、Googleカレンダー、Googleドキュメント、Googleマップ、Googleリーダー、Picasa Web Albumの6つのサービスを切り替えて利用できるGoogleの専用ブラウザーだ。

 見た目はInternet Explorerそのものだが、アドレスバーやお気に入りがない。

 つまり、よそ見ができないのである。

 Internet ExplorerやFirefoxで、Googleアプリを使っていると、つい出来心で新規タブを開いてmixiを見たり、知り合いのブログを巡回してみたりと、寄り道が多い。

 心を鬼にしてぐっと集中しなきゃいけないって時に、ほかのことがなにもできない「GMDesk」の出番がくる。

 なお、GMDeskはAdobe AIRという実行環境の上で動くアプリなので、Windows、MacOSX、Linuxという異なるプラットホームの上で同じように動作する。