PR

 外出先でノートパソコンを使用する際、作業の途中でバッテリー切れになることがあります。予備のバッテリーを持っていれば再び使用できますが、そうでないとあきらめるか、電源コンセントを探すしかありません。予備のバッテリーを持っている場合でも、バッテリーを取り替えるために作業を中断しなければならず、時間もかかります。

 作業を続けたまま、ノートパソコンを使い続けられないのでしょうか。こんなニーズに応えてくれる、ノートパソコン用の充電器と呼べる製品があります。バッテリーリフレッシュサービス業者のベイサンが2009年4月に発売した、薄型軽量の外付けリチウムポリマーバッテリー「LAMINA(ラミナ)」(図1)です。

図1 薄型軽量の外付けリチウムポリマーバッテリー「LAMINA(ラミナ)」
図1 薄型軽量の外付けリチウムポリマーバッテリー「LAMINA(ラミナ)」
[画像のクリックで拡大表示]

 サイズは幅221×奥行き171×厚さ11mmで、重さは480g。薄型なのでかばんに入れやすいのが特徴です(図2)。容量は60Whで、私が外出時に使用している富士通の携帯ノート「FMV-BIBLO LOOX R/B70」(2008年秋冬モデル)の標準バッテリー(62Wh、バッテリー駆動時間はJEITA測定値で約10.6時間)とほぼ同等です。ただ、標準バッテリーよりも幅と奥行きがあるため、体積はLAMINAの方が大きくなります。

図2 厚さは11mmと薄くかばんに入れやすい
図2 厚さは11mmと薄くかばんに入れやすい
[画像のクリックで拡大表示]