PR

ようやく、通常のモバイラーとして、活動を再開したいと思います。
でも、キーボードを打つ指が軽いわ。
(そうそう、昨日のBBちゃんから、14キロ減から、もう16キロ減です。と
追加メールが来てたが。元が元がだからなぁ。しかし、別人だろうねー。
彼の健康を考えると、ほんと、思い切ってチャレンジしてよかったんじゃないの。
オ~ヂも、あと一息で、花の高校時代の体重だね~。)

■でもって。
ちょいと前に、ゲットした、漆塗りマウスざんすよ。
なんと、2~3万するものだったような覚えがあるが。
(バックナンバーのどこかにあるけど・・・。)

さすがに、握り心地がよく、柔らかい布で拭いたら、いつまでも光沢がある。
しかも、存在感はピカイチ。

トコは、自宅のPCで執筆しているが、
事務所とか、社長室とか、人が出入りする場所のデスクなら、

■「お?このマウスはなんですか?」

「気がついた。これは漆塗りなんだよ。わはは」
「すげー。で、漆ってなに?」

なんて、話が盛り上がることまちがいなし。

しかも、「コダワリのある人」的な、スタンスが
個性的なマウスを持つだけで、えられるよね。

■しかし、なんか、違和感があるなー、と使いながら考えていた。

それは、マウスパッドが、皮製のりんご型で、テイストが違うのか、と気づいた。
せっかくマウスが新しいのに、マウスパッドは新調してなかったからね。

着物着てるのに、靴はいている感じだ。

■やはり、ここは、和風だろう!!

というわけで、見つけました。

■純和風『タタミマウスパッド』。

■ほらほら、畳の上だから、和風のマウスがピッタリと収まる。
すべりもよくて、いい感じの使い心地。

しかも、畳マウスパッドは、もっと大きい、25センチ×30センチのものもあり。
マウスパッドというよりも、敷物?くらいあったぞ。
パソコン周辺機器売り場にあったので、すべてマウスパッドであろうと思われるが。
デスクに大きいサイズのタタミマウスパッドを敷き詰めて、和にすることだって可能よ。
■縁取りも、金とか、紺とか、緑とか、いろいろあるよ。
トコは風水的に、
今年のラッキーカラー(全員に共通です)は、「黄色」「ピンク」「ゴールド」
なので、そこから選んだの。

金とピンクのフチですわ。
おかげで、ほら、いい原稿が書けてるわー。

■しかも!!
 購入場所は、100円ショップ「ダイソー」である。
(福岡ダイエーショッパーズの店舗です)

漆塗りマウスは高いけど、マウスパッドだけなら、100円だから。
父の日のプレゼントとか、外国人にプレゼントとかいいかもナー。

タントーヨシダ:
おっ、パソコン系のネタだと思ったら、畳のマウスパッドとは。
夏らしく、涼しげでよさそうです。