PR

 2009年6月17日から20日まで、ソウル市内のCOEXで「World IT Show 2009」(WIS2009)が開催されている。韓国最大規模のIT展示会で政府機関である知識経済部、放送通信委員会、文化体育館後部が主催し、「グリーンITのための新融合技術」をテーマに17カ国の501社が1243ものブースを設けて参加している。

コンパニオンと携帯電話の新機種で華やかなLG電子ブース
コンパニオンと携帯電話の新機種で華やかなLG電子ブース

 今年、特に注目されているのはサムスン電子とLG電子が展示する携帯電話の新機種である。サムスン電子はCMモデルとして大ブレークしているフィギュアスケートのキム・ヨナ選手をイメージキャラクターに起用したタッチフォン新機種「ヨナのHaptic」を中心に、太陽光充填携帯、ウルトラHapticなどを展示し、LGはとうもろこし澱粉で作られたバイオプラスチック携帯や透明ケースの新機種携帯を展示した。

サムスン電子はフィギュアスケートのキム・ヨナ選手をCMモデルとして起用
サムスン電子はフィギュアスケートのキム・ヨナ選手をCMモデルとして起用

 韓国最大キャリアのSKテレコムは「移動通信25年の歴史」をテーマに歴代携帯電話を展示し、KTは携帯電話を使ったユビキタス社会を体験できるコーナーを作りモバイル展示を盛り上げた。

 キム・ヨナはサムスン電子のエアコンCMモデルでもあるが、話題の面でも売上の面でもあまりにも反応がよかったため、スポーツ選手では初めて携帯電話のCMモデルに抜擢された。「ヨナのHaptic」は、スリムなデザインと、写真を撮ってBlogように編集できる便利な日記機能が特徴となっている。

キム選手はスポーツ選手として初めて携帯電話のCMモデルに抜擢
キム選手はスポーツ選手として初めて携帯電話のCMモデルに抜擢
[画像のクリックで拡大表示]