PR

 Twitterは、ソーシャル系ネットサービス。

 「いま何してる?」という問いに140字以内で答える。もちろん、自分ひとりでつぶやいていても面白くない。そこで、「フォロー」という概念が用意されている。

 注目する人をフォローしておくと、その人がなにかつぶやいた時に、自分のホームに表示される。自分もフォローされるかもしれない。特に意味なくつぶやく一言が緩いつながりを生んでいく、というのがTwitterのコンセプトだ。

<a href=Twitterのトップページ。ログインして利用する。">
Twitterのトップページ。ログインして利用する。
[画像のクリックで拡大表示]

ログインすると、こんな風につぶやきが時系列に表示される
ログインすると、こんな風につぶやきが時系列に表示される
[画像のクリックで拡大表示]

 「それのどこが面白いの?」

 と言われると困るが、世界的に流行っているのは確かだ。ブログの記事を書くときのようにある程度の情報をきちんと構成したり、写真を用意したりする必要もなく、短い言葉で気分を吐き出すだけでいいという気楽さが受けている。知人の気分というのは、意外と、知りたい情報の上位に位置するものだ。

 ネット上にちょっと面白いものを見つけたら、すぐにURLを貼り付けることで、共通の話題が増えていくことも楽しい。

 Webサービスなのでブラウザー上から利用できるのだけど、つねにブラウザーで表示しておくのもなんだか大げさだ。第一、面積を取りすぎる。