PR

 スマートフォンに接続して、画面を表示・操作できるシンクライアント端末「REDFLY Mobile Companion C8N(以下、REDFLY)」が日本で発売となった。現在対応するのはWindows Mobileのみだが、今後はAndroidやBlackBerry対応も予定しているとのこと。本体は、液晶とキーボードを備えたウルトラモバイルPCのような外観だ。

図1 パソコンと何ら変わりない外観だが、これだけでは何もできず、スマートフォンと接続して動作する
図1 パソコンと何ら変わりない外観だが、これだけでは何もできず、スマートフォンと接続して動作する

●REDFLYの3大特徴
  ・8インチ液晶にスマートフォンの画面を表示
  ・約16mmのキーピッチとタッチパッドで操作しやすい
  ・マウスでも操作可能

製品名REDFLY Mobile Companion C8N
メーカーCelio
サポートOSWindows Mobile 5.0~6.1
画面サイズ8型ワイド(800×480ドット)
入力QWERTYキーボード、タッチパッドほか
本体寸法W228×D152×H25mm
重量約900g
バッテリー駆動時間約8時間