PR

 ここ数年、無線LANを使って現在地を測定する技術やサービスがいくつか登場しています。

 位置を測定する技術としては、人工衛星を使った「GPS(Global Positioning System)」が有名です。ただし、利用するにはGPSの電波を受信する専用装置が必要で、屋内や地下街では利用できません。

 無線LANで位置を特定する方法の場合、ノートパソコンなどに標準搭載されている無線LAN機能がそのまま使えます。アクセスポイントさえあれば、屋内や地下でも利用可能です。

 サービスの一例が「PC Online」で提供している「モバイルマップ」です(写真1)。このサービスでは、地図上で日本各地にある公衆無線LANアクセスポイントなどを検索できます。また、無線LANを搭載したパソコンに専用ソフトをインストールしてアクセスすると、現在地周辺にある公衆無線LANアクセスポイントなどを検索できます。

無線LANの位置測定サービスの例(PC Onlineが提供しているモバイルマップ)
無線LANの位置測定サービスの例(PC Onlineが提供しているモバイルマップ)
[画像のクリックで拡大表示]

 東京ディズニーランド脇にある商業施設「イクスピアリ」は2009年4月25日、ニンテンドーDS(DS Lite、DSiを含む)と無線LANを活用した施設案内サービス「イクスピアリ・ニンテンドーDSガイド」をスタートしました。開始直後に試してきたので、使い勝手をお伝えします。

 イクスピアリを訪れた日はあいにくの雨(写真2)。足早に施設内へと移動してカバンの中からDSを取り出します。

千葉県浦安市にあるイクスピアリ
千葉県浦安市にあるイクスピアリ
[画像のクリックで拡大表示]