PR

7月に北九州ウォーカーというのが、増刊で発売される。その、絶賛取材中なのだが。
ちょこっと、速報で、内容をお伝えしたいわ。

じつは、先日のBBちゃんとの北九州取材ロケが、それだったのだが。

■発売前に書いちゃうと、ネタバレするので、

「発売日はいつなの?発売後に、ブログにアップするわ」。
と、話したら。

「いえいえ、トコさん、もう書いちゃっていいですよ」
「えっ、だって、ネタバレするじゃん?」
「北九州ウォーカーは、そこんとこ、フリーにしてるので。
いわゆる予告編ってことで。書いていただいて、大丈夫ですよ~」

とのこと。

というわけで、日経PCオンライン読者のかたに、いち早く1つをご紹介いたします。

■北九州・小倉名物『肉うどん』ですが。

フツー思い描くような、味つきの薄切り肉が乗っているアレではなく。
ドドーンと、肉の塊が乗っています。

しかも、九州的には、めずらしい、真っ黒の汁なのよ。

北九州に住んでいたが、地域限定メニューだったらしく、トコも初試食よ。
隣の区に住んでいたりすると、知らなかったりするの。

で、無理を言って、(何しろ締め切り寸前だったので)定休日に開けてもらいましたー。
■『今浪うどん』。住宅街の中に、ぽつんとあります。

そして、ガラガラと、引き戸を開けると、
いきなり、左横に、麺をゆでる釜と、茹で上げ麺をしめるための水道が・・・。
しかも、床は、土間である!!
その横をすり抜け、席に着く。

さすが、北九州、ワイルドやぁ!!

生めんをゆでている、大将。
ほんと、お休みだったのに、すみませんーーー。
普段は、大行列で、なかなか入れないのよ。

そして、これが、噂の『肉うどん』でっす。
サイズが、小・中・大とあり、これは、中。
たしか、600円くらい。

■角切りのすじ肉が、麺が見えないくらいに乗っていて
すっごいボリュームでしょ。

これに、お好みで、しょうがや柚子コショウをぶっ掛けて、戴きます。
(しょうががおススメ!!)

甘辛いツユが、んまい!!

風邪気味のときなんか、一発で治るね!(断言)。

で、肉だが、おでんのすじに、すじ肉とアキレスとあるでしょ。
その両方が、いい具合に混ざっており、
肉っぽいものと、こりこりの歯ごたえが楽しめる肉があります。

肉好きの方には、肉がダブルの『肉肉うどん』もあるよ。

■トコが、感激したのは、そのすじ肉の丁寧な処理です。

自宅で、すじ肉でポトフ風のスープとか作るんだけど、
二度くらい下茹でをしても、まだまだ油っぽさが残ったりするの。

でも、この肉うどんのすじ肉は、汁には全く油が浮いてない、のよ。
念入りに、下ごしらえをしたことが、わかります。
なので、ボリュームはあるけど、思いのほか、あっさりいただけますよ。

ああ、癖になる味だわ。
また、ちかいうちに、食べに行こうっと!!

さらに、驚きは『今浪うどん」の営業時間だ。

■『朝8時半から、3時半くらい』

ハハハ。
しかも、開店直後がかなりの混雑らしい。

麺がなくなったら、店じまいですが。

この手の、主に小倉南区に集中する肉うどん屋さんは、
ほとんど早朝から営業してます。
朝の6時半から昼まで、とかもっと早い時間から開いている店もあるらしいよ。

出勤前か、夜勤明け後に、ガツッと食べるのかしらね。
むかしは、日本の4大工業地帯の1つ、北九州工業地帯だったしねぇ。

北九州にお出かけの際は、足を伸ばすのもいいかも!!

取材に回った、他のお店も、チラッと、下のブログでご紹介しますね。『ハイパーコメンテーター日記』で、どうぞー。
ローカルテレビ関係者のプライベートショットとか、地域限定情報が、満載よん!!

■というわけで、炭水化物禁止のケビン山崎肉体改造直後だというのに、
グルメロケが立て続いており、順調に!リバウンド中。ワハハハ。

タントーヨシダ:
おいしそうですね。そば・うどんは好きです。