PR

キー局のテレビ局の売り上げは、激減。ギャラの高い順に、タレントは首を切られたり、番組も、お金のかからない生放送などにシフトしている最近だ。

もちろん、地方局も、製作費の節約などは、同じである。
タクシーチケットも、以前は「タクチケちょーだい」と、デスクに言えば、
10枚単位でくれていたが。
(オンエア時の自宅とスタジオ往復や、ロケ現場の移動などに使うの)

現在、スタッフは、タクシー代は、事後精算となっているのよ。
しかも、領収なくして泣く泣く自腹、とか、あちこちで聞くわ・・・。
そんなことを耳にしたら、私たち出演者も、気楽に「タクチケちょーだい」
なんて、いえなくなったのよ。

聞いたところによると、『スタッフタクシー代事後精算方式』が始まった当初。
報道なんかは大変だったらしい。

「事件だ、現場の佐賀に今すぐ行け!」
と、指示が飛んでも、佐賀は、隣の県である。
万を超えるタクシー代は、事後精算。

なので、緊急タクシー代として、常に数万円持ち歩く、という事態になったらしい。
さすがに、報道だけは、この、現金事後精算方式をやめたらしいが。

だって、持ち合わせの現金がないから、現場取材にたどり着かない、なんてことになったら、大変だもん。

そんな中。
■報道の記者は、ものすごくモバイルです。

移動中のタクシーの中で、ニュース原稿を書いて送信。
とか、しょっちゅうよ。

ほんと、ご苦労様でごわす。

■さて、そんなマスコミ不況だが。
先日である。

「トコさん、局から金一封が出ましたので、受け取りにサインをお願いします」
と、プロデューサーがやってきた。

■「げげっ、テレ朝は、決算はいまいちじゃなかった?」
と尋ねると、
「いいえ、これは、テレ朝ではなく、KBC(九州朝日放送)からです」
と、のし袋をわたされた。

ふひひひひ!!
なんだかわからないが、もらえるものは、もらっておこう。

■「ワーイ、ありがとう!!」

いそいそとサインをした。
中身は、クオカードでした。

なんの金一封か、というと。
■『年度視聴率民放4冠獲得記念』
らしいっす。

4冠とは、
「全日・ゴールデン・プライム・プライム2」のことらしい。

なるヘソ。
実感としては、コメンテーターとして出演している
「アサデス。」が、ちょいちょい視聴率10%あたりに到達してるのよ。

○ズバ、とか、○○ざし、とか、ズー○とか、キー局制作の番組よりも、
地元密着情報が、今福岡では支持されているってことね。

だってさぁ、福岡で、渋谷の天気聞いても、仕方ないよね。
銀座のスイーツ紹介されても、食べられないしね~。

■政治もテレビも、地方分権が求められる時代なのかもね。

■そうそう、ついでですが。
テレ朝は最近、決算とは別で、番組では、高視聴率を稼いでるの。

先週放送された、「刑事一代・平塚八兵衛の昭和事件史」
は、2夜連続で、約20%をたたき出したり、
お家芸のスポーツ中継でも、好成績。
テレ朝でも、金一封が出たのかしら?

さあ後は、7月の石原裕次郎23回忌法要中継というビッグイベントが
控えているのよ。ここが勝負どころね!

■定額給付金よりずっと小額だが。
金一封のうれしさは、段違いよぉ!!

タントーヨシダ:
どこも同じですね。というかうちよりもましだと思いますけど。