PR

 モバイルブロードバンドでは、長らく、モデム方式の接続方法が使われてきました。特に携帯電話系のサービスでは、通信開始に接続先を指定するダイヤル動作が必要です。多くの場合、専用の通信ソフトが付属します。それを使うと、通信以外にも、パケット数をカウントして通信料を予測することなどができます。しかし、いちいち、専用ソフトを起動して接続するのは面倒です。

 モデム方式であれば、Windowsが持つオートダイヤルの機能が利用できます。実際、これを使うと、無線LANの通信環境が周りにないときに、勝手にダイヤルして接続してくれるので、結構快適です。今回は、イー・モバイルのUSB接続型データ通信カード「D02HW」の場合を例に、オートダイヤルする設定方法を解説しましょう。