PR

 先日ついに登場し、まだまだ話題の尽きない「iPhone 3GS」。筆者も発売日当日に購入し、早速、保護ケースを物色している。そのままで使うのが最も美しいと思うものの、周りのiPhone 3Gユーザーに、保護ケースによっていかに助けられたかを力説されると、保護ケースを装着せずに使う勇気は今のところない。ちなみにボタンの位置やサイズは同じなので、iPhone 3G用として販売されている製品がそのまま使える。

大容量バッテリーを内蔵するiPhone 3GS/3G用ケース「RT-P1BT1」
大容量バッテリーを内蔵するiPhone 3GS/3G用ケース「RT-P1BT1」
[画像のクリックで拡大表示]

製品名RT-P1BT1
外形寸法幅65×奥行き140×厚み20mm
実勢価格9980円
製品情報RT-P1BT1
問い合わせ先レイ・アウト

 まず試したのが、大容量バッテリーを内蔵したレザージャケット「RT-P1BT1」。シンプルな縦開きタイプだ。内側にコネクターの付いたバッテリー一体型のポケットがあり、iPhone 3GS/3Gをここに挿し込んで固定する。ポケットのサイズはiPhone 3GSにピッタリで持ち運んでもずれることがなく、安心して使えた。

iPhoneをスライドさせながら内蔵バッテリーに挿し込んで固定する
iPhoneをスライドさせながら内蔵バッテリーに挿し込んで固定する
[画像のクリックで拡大表示]