PR

 原因不明のトラブルに見舞われた我がiPhone 3GS。撮れているはずの写真やビデオがUSB接続したMacから認識できず、どうすることもできない。家中のMacにつなぎ換えても症状は同じ。アップルの電話サポートではらちが明かず、薦めに従ってApple StoreのGenius Barを訪ねた。ハードの初期不良のようにも見えるし、もしかすると、新品に交換かなと淡い期待を持ってインターネット経由で予約をした。

予約を取るのはなかなか大変

 最寄りのApple Storeの予約はインターネット経由で簡単に手続きできる。アップルのWebページから最寄りのお店を探し、Genius Barの予約アイコンをクリックする。最初に出てくるページでストア会員になっていない人は「ゲスト」を選ぶ。私の場合はMobile Meを含めたくさんApple IDを持っているうえ、かつてPro Careのメンバーにもなっていたことがあるので、ついつい「メンバー」を選び、妙なところに迷い込んでしまった。読者の皆さん、ご注意あれ(図1)。

図1 Apple StoreのGenius Bar予約画面。Apple IDを持っている場合でも、ストアのメンバーでなければ「ゲスト」を選ぼう。
図1 Apple StoreのGenius Bar予約画面。Apple IDを持っている場合でも、ストアのメンバーでなければ「ゲスト」を選ぼう。
[画像のクリックで拡大表示]

 自宅から電車で一本の銀座ストアでと予約を見ると、数日間いっぱいだ。しかし、予約システムはなかなかよく出来ていて、別のお店の空き具合も検索できる。何とか、仕事の合間に行ける時間帯を「渋谷ストア」に見つけて勇んで出かけた。

 予約10分前に現地に到着、お店をぶらぶら。特に珍しいものがあるわけではないからぐるっと一回りしたらもうすることはない。お店にはソファ類は全く置いていないから身の置き場に困る。サンフランシスコやニューヨークの店では、待っている人は階段に腰掛けたり、床にそのまま座り込んだりしているが、日本ではちょっとそれができない。米国由来のデザインをそのまま日本に持ち込むとそのあたりに違和感が出るんだろうなあ、なんて考えながら、予約時間20分過ぎにお呼び出しがかかった。