PR

 外出先で何かと、あっ、あれを忘れた。持ってくればよかった……ということも少なくない。

 だから持ち運びものはコンパクトで一石二鳥の道具が重宝するわけで、いろんなものを兼ねたものがあるのは便利だし楽しい。少年の頃、鉛筆の後ろに消しゴムが付いたのが欲しくて、次はシャーペンとボールペンが合体したモノ。シャーボーなんて呼んで感動していた。傘だって、杖になったり、中には柄の部分を外すとカメラの一脚になるものもあった。時代劇や落語には仕込み杖なんてのも出てくる。

 さて我らデジタル人にいたっては、データやソフトを入れたところで重量が変わらないものだから一石二鳥どころじゃない。詰め込んじゃって大騒ぎで使いこなせなくなるほど。

 さて、今日も今日とて着物片手に仕事へ。本日は、合間にたいした量ではないのだが、途中で若干の原稿を書いたり送ったり、若干の資料を受け取ったりするのでノートパソコンを着物の脇にスルリと入れ移動。公衆無線LANのある喫茶店へ向かう。他にもステキな喫茶店が立ち並ぶ中、無線LANの電波に吸い込まれて入店する姿は、まるで小動物が一目散に特定のエサ場に向かっているようだ。

 ん!? 今日に限って、無線LANの使える喫茶店が混んでいる。かと言って無線LANの電波だけ入り口でいただくわけにもいかない。外に出て電波探して東奔西走してもしょうがない。そんな時はカード型通信機器を使う。あっ、最近ほとんど使わないのでウィルコムの通信カードを解約したばかりだった。ん~弱った。日常使いのウィルコムのアドエスを出してみるもつなぐUSBケーブルがないし。近くの電気屋さんでケーブル買おうか。これを機にW-SIM用USBアダプターを買ってつなげてみようか……考える。

 すっかり電波探しの放浪者だ。今、接続できる方法ってないのかなぁ~と脳みそを軽くふりつつ近くの喫茶店に入る。