PR

 グーグルは、Chrome OSというネットブックなどで利用可能なオペレーティングシステムを開発していることを明らかにしました。しかし、詳細は、秋に発表ということで、まだまだ謎に包まれています。ここでは、発表された情報から、Chrome OSがどんなものなのかを予想してみることにしましょう。

 とりあえず、Chromeについて語られているグーグルのブログなどから事実だけをまとめると

  • カーネルはLinux
  • 新しいウィンドウシステムを搭載する
  • オープンソースである
  • ARMとx86に移植される
  • 高速で、数秒で起動できる

 となります。Linuxのカーネルを使うとのことですが、これは、すでに普及しているLinuxを使うとデバイスドライバーなどを用意するのが簡単になるからでしょう。Androidのときも同様の理由でLinuxを採用しています。ただし、Androidのときには、カーネルだけを使い、そのほかの部分は、通常のLinuxと同じにはしていません。

 Chrome OSのアーキテクチャは、

『このソフトウェアのアーキテクチャーは、「Linux カーネル上で動作する新しいウィンドウシステム内で動作する Google Chrome」というシンプルなものです』
Google 日本ブログ「Google Chrome OSのご紹介」より(以下同様)

とされています。

 Linuxのウインドウシステムと言えば、通常、「X Window System」を指します。Chrome OSに搭載されるのが、X Window Systemをベースにしたものでないなら、従来のLinuxのグラフィックスを使うアプリケーションは、移植しないと動作しません。このことから、グーグルとしては、いわゆるアプリケーションは、すべてグーグルのサービスを使うことを考えていると思われます。ブログでも

『ユーザーエクスペリエンスのほとんどはウェブ上で提供されます』

 と述べられています。例えば、「表計算」という項目を起動メニューから選べば、Googleドキュメントが、「メール」を開けばGmailが、ブラウザーで表示されるという具合でしょう。