PR

 2009年7月7日から9日にかけて、韓国の政府サイト、銀行、インターネットショッピングモール、ポータルサイトのブログやメール、保守政党と新聞サイトをターゲットにしたDDOS攻撃が発生した。

 犯人が誰なのかを把握するにはまだ時間がかかるが、世界19カ国のパソコンを感染させ攻撃に使っていたことは発表された。当たり前のことだが、パソコンを利用する人々が怪しいメールは開かない、パスワードは随時変更する、セキュリティ対策ソフトをいつも最新の状態にアップデートして、チェックも頻繁にする、という基本的なことさえ守っていれば、ゾンビーPCになることもなくDDOS攻撃に悪用されることもない。

 恥ずかしい話ではあるが、韓国情報保護振興院の2008年度調査によると、全世界のDDOS攻撃に悪用されたボット感染パソコンの8.1%が韓国に存在した。セキュリティ対策ソフトをインストールしただけで満足し、アップデートもしなければ定期的にチェックもしない無責任な使い方が問題とされている。おかげで韓国は毎日のようにあちこちのサイトがDDOS攻撃を受けている。放送通信委員会に届け出られた民間サイトをターゲットにした大規模なDDOS攻撃だけでも2007年で47件、2008年は53件に及ぶ。

アクセスできなくなった韓国最大のインターネットショッピングモール「auction」
アクセスできなくなった韓国最大のインターネットショッピングモール「auction」
[画像のクリックで拡大表示]

 韓国のオンラインゲーム、オンラインショッピングモール、インターネットバンキング、ポータルサイトといったインターネットサービス会社には、DDOS攻撃をされたくなかったら金を払えという脅迫電話がかかってくるという。中国のIPを経由したDOS攻撃や会員情報を盗み出そうとするハッキングは日常茶飯事なのだとか。